高田米治郎が”日々”の出来事や読んだ本について感想文を書きます。


by l-cedar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:日々( 676 )

最新パトカー事情

久しぶりのマジ更新である。

米治郎の趣味の一つ、パトカー、さらには覆面パトカー。
愛読書"パトカーマニアックス”、ここのところ忙しくて、
見ていなかったが、8巻が出ていた。

一番驚いたのは、S200系クラウンの覆面パトカー。
前世代の通称ゼロクラウン、S180系覆面と決定的に違うのは、
怪しいアンテナや怪しい鉄ホイールホイルキャップという
明らかに、覆面パトカーとはいえ、覆面じゃない一般クラウンとは、
違うものがついていないこと。

S200系クラウン覆面パトカー、東名高速等に配置された
S200系クラウン覆面パトカーは怪しいアンテナはついていなくて、
怪しい鉄ホイールではなく、普通のアルミホイールを履いていて、
しかも、今までの覆面パトカーにない、”ゴールドなんとかマイカ”色も
あるらしい。

でも、良く見ると、室内のバックミラーがダブルだったり、
青い制服にヘルメットをかぶった(交通機動隊の制服)人が乗っていたり、
と、覆面パトカーとする決定的なところが浮き隠れするので、
高速では、S200系クラウン、要注意である。

夜、バックミラーで見ていても、パトカーの挙動は良くわかる。
例えば、細かい車線変更でも、必ずウインカーをつける。

何しろ、速いスピードで走っているとき、あなたが追い越す
クラウンには気をつけろ!

もちろん、クラウンだけでなく、スカイラインにも気をつけろ!

では、健闘を祈る!
[PR]
by l-cedar | 2013-05-24 06:48 | 日々

テレビ

新年以来のブログ更新・・・。

テレビについて、ってそんなに大袈裟じゃないよ。

Facebookでつぶやいた

1位 テレビ東京
2位 NHK
3位 日テレ テレ朝 TBS

最下位 フジテレビ

1位の理由・・・独自性(他の民放とは違う)
2位の理由・・・受信料
3位の理由・・・どれも大差なし

最下位の理由・・・どん底に落ちないと再起はない!
           番組の体たらくぶり。
           そして、アナウンサーが最悪。
           ちょっと頑張っているお父さんたちより
           サラリーはOLである女子アナの年収の方が
           すごく良いらしい。
           → これって、おかしくないかい???

女子アナの年収が良い理由・・・みんなで見るから。
        
最近気がついた・・・NHKには受診料として、毎月、お金を払っている。

でも、民放へは払っていない。 → 違う、払っている。

そう、見れば、視聴率として払っている。

→ それが、スポンサー代 → 商品の代金に含まれている。

ちょっと、考えてみよう!テレビ。
[PR]
by l-cedar | 2013-05-06 21:00 | 日々
謹賀新年

もう松も開けてしまったが、
皆さん、あけましておめでとうございます。
すごく、特に最近、細々とやっているが、
今年もよろしくお願いします。

さて、今日のNHKのドラマ、
いつか陽のあたる場所で」、
これ、かなり期待できそうだね。

まず、乃南アサさんの原作が素晴らしい。
乃南アサさん、直木賞作家で、受賞作品の「凍える牙」で
おなじみの「音道貴子」シリーズが有名であるが、
この作家の「いろんな人への情報収集力」には脱帽である。
しゃぼん玉」では、ひったくりに落ちぶれた若い男。
まだ感想文には書いていないが、
「ニサッタ、ニサッタ」では、大学を卒業して、
就職した会社で上司とうまくいかずに辞めてしまい、
どんどん上手くいかずに、落ちぶれていく若い男。

そして、この「いつか陽のあたる場所で」では、
ホストに入れ込み、お金目当てに
昏酔強盗をして、刑務所に入る若い女。
さらには、そこで所謂「ムショ仲間」の
ダンナからDVに合って、そのダンナから
子供を守る為に殺して刑務所に入る女。
前科を持つ女性、こんな人への情報収集。
「乃南アサってすごい」たる由縁だ。

ホストに入れ込んでムショ帰りは「上戸彩」、
DVに合って殺人を犯してムショ帰りは「飯島直子」、
この二人の配役、原作を読んだ身には、
「ナイスキャスティング」なのである。

「読んでから見る」のは、もう遅いので、
「見てから読んで」欲しい。
[PR]
by l-cedar | 2013-01-08 21:23 | 日々

謹賀新年

皆さま、あけましておめでとうございます。

c0003409_2130518.jpg


今年も”感想文”、”日々”、”菊じい”、”感想文【復習】”、
そして、”新しい家族【ピックヨウル】”等々、
頑張って記事を書いていきます。

今年もよろしくお願いします。
[PR]
by l-cedar | 2012-01-01 08:00 | 日々

クリスマスおめでとう

皆さん、クリスマスおめでとうございます。
c0003409_80750.jpg


昨夜は、カトリック信者である奥さんと
カトリック関口教会(ウィキペディア)へ行ってきた。

c0003409_812271.jpg


闇に浮かぶ十字架
c0003409_822314.jpg


大聖堂
c0003409_824870.jpg


カテドラル(背が大きい赤い椅子は大司教の椅子)
c0003409_85276.jpg


馬屋
c0003409_85278.jpg


米治郎は信者ではないが、ここへ来ると、
いつも厳粛な気持ちになれる。
[PR]
by l-cedar | 2011-12-25 08:10 | 日々

学習院野球部

米治郎の近所の明治通りや目白通り、
この時期、銀杏などの落ち葉が歩道に堆積する。
東京都が、集積用のクルマで集塵作業をするが、
歩道まではなかなか集積できない。

今日、学習院高等科野球部の諸君が
箒で、落ち葉を集めていた。
c0003409_2039150.jpg

特に、この千登世橋の下は落ち葉以外のゴミも多い。

これって、毎年していたらしい。
頭が下がった。
思わず、

「ありがとう」

って言ってしまった。
[PR]
by l-cedar | 2011-12-10 20:40 | 日々
先月に行ってきた
佐々木譲さんと今野敏さんのトーク&サイン会」。

動画が新潮社からYouTubeにアップされた。
1:56付近に最前列に陣取った米治郎の
頭だけ見えている。



17:02付近からの拍手場面でも米治郎が映る。

その時のサイン本、両方ともまだ読んでいない。
[PR]
by l-cedar | 2011-11-23 07:12 | 日々

TPPはどうなのか?

本日、11/8朝日新聞夕刊1面右中の”素粒子”欄。
【 最初の開国のときは黒い蒸気船でやってきた。
2度目は爆撃機だった。今度は一緒にバスに
乗せてくれるという。
            ☆
 ただし、ドアは閉まりかけている。行き先も
途中下車もできるかわからない。でも、
野田首相は飛び乗るだろう。
            ☆
 「六つ目のかどで降りるように、おそわったん
ですけど-----『極楽』で」
「ここが『極楽』さ」(T・ウイリアムズ)】

と、あった。

太平洋戦争以前、日独伊三国同盟を締結するべきか
しないべきかの頃。
「バスに乗り遅れるな」という標語があったらしい。
今、同じ標語が言われている。

そう、「”TPP”という『バスに乗り遅れるな』」ということらしい。

今日1日朝刊、夕刊の朝日新聞、これ(TPP)を煽っている。
朝刊の政治欄で「超党派で阻止」、さらに社説でも問うている。

まず、農業、さらに言うなら、コメ作。
コメは、異常なほどに高い関税で
守られている。
これ、批判もあるだろうが、わかる気がする。
冒頭の”2度目の爆撃機”だ。
マッカーサーがコーンパイプを咥えて
学校給食という餌とともにパン文化を運んできた。
それで、主食として米を食べる文化が薄れてしまった。
それは、戦後65年で、さらに薄くなってきた。
だから、コメ農家は不安なのだろう。
コメ農家、選挙マシーンの票田でもある。

円高に喘ぐ、輸出企業。
農家が稼ぐ金額と、輸出企業が稼ぐ金額、
明らかに、輸出企業が稼ぐ金額の方が多い。

コメ、野菜、果物、どうなのだろう?
日本産は勝てるのだろうか?負けるのだろうか?

この問題、さらにわからないのは、農業に隠れた
関税で守られているもっとある他の部分だ。

「バスに乗り遅れるな」なのだろうか?
バスに乗るべきか?乗らないべきか?

”TPP”は”バス”なのだろうか?

そもそも、この表現、
「バスに乗り遅れるな」を
このTPP問題で言いだしたのは誰なのか?

過去の枢軸国、イタリア、ドイツ。
今、原発廃止を唱えているのはこの2国・・・。
”バス”はこちらなのかも・・・。
[PR]
by l-cedar | 2011-11-08 22:03 | 日々

カーネーション

NHK、朝の連続テレビ小説、
カーネーション”が面白い。

前回の”おひさま”は戦争が終わったら、
あまり面白くなくなった。

しかし、このカーネーションは毎回面白い。
やはり、大阪制作だからだろうか、
毎回、笑かしてくれるところがある。

デザイナーのコシノ3姉妹の母親、
小篠綾子さんの生涯を描いたという。

脇役陣が面白く、見事に役を演じている。
その筆頭は、主人公、糸子の母親役の
麻生祐未さん、4姉妹を育てる母親として、
しっかりしている反面、どこか抜けている
役どころを”サラリーマンNEO”で
培ったボケ演技で笑かしてくれる。

次は、糸子の祖母役、正司照枝さん、
大阪のおばあさん役は、たぶん、
地のままでやっているのだろう。
言うことは言う、しかし、孫たちを
見守る役を醸し出す技は見事である。

そして、糸子の父親役の小林薫さん、
家族や近所には威張っているが、
集金も上手くできず頼りないが
陰で糸子をはじめとする子供たちの
ことをちゃんと思っている威厳ある
父親役は職人芸だ。

さらには、糸子の母親方の祖父は
往年のスター宝田明さん、
同じく祖母は、十朱幸代さんと
錚々たる顔ぶれである。

最後になったが、主役の糸子を演じる
尾野真千子さん、明るく元気な
糸子を素直に元気いっぱい演じている。
毎朝、力をもらっている。

毎日楽しみである。
[PR]
by l-cedar | 2011-10-25 08:00 | 日々

この動画

まず、見てほしい。
東日本大震災の動画だ。

http://youtu.be/MVKWtxXtZ3E

米治郎は、この動画に対して、何かを語ることはできない。
ただ、黙って、目を背けずに、最後まで、見るだけだった。

合掌
[PR]
by l-cedar | 2011-10-17 22:36 | 日々