高田米治郎が”日々”の出来事や読んだ本について感想文を書きます。


by l-cedar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

データ通信カード問題

ある方が、”データ通信カード問題”で悩んでいらっしゃる。
D社のデータ通信カードをT社の今流行の小型モバイルパソコンとともに
購入された。このパソコンのOSはWindowsXP、そして、元々、
モバイル用として、P社のノートパソコンを持っておられた。
こちらのOSは、WindowsVistaである。
そして、先の持っていたP社のVistaノートには、今まで、
使っていたアプリケーションが入っているが、今回購入した、
T社のXPモバイルには、インストールできないものもある。
当然、長い旅行には、普段使い慣れたアプリケーションが
入っているP社のVistaノートを持っていきたい。

しかし、このP社のVistaノート、D社のデータ通信カードの接続が
うまくいかないらしい。

そこで、米治郎、「D社のデータ通信カードのソフトが最新の
ものか調べてみてはいかがですか?」と、コメントさせていただいた。

ところが、昨晩、書き込んで、寝床で、ふと考えてしまった。
原因は、D社のデータ通信カードのソフトだけではなくて、
P社のVistaノートのソフトの可能性もあるのではないか・・・。

追加でミクシィに書き込むことを考えたが、あまり連続で書き込むのも
ご迷惑と思い、自分のここで、書くことにした。

パソコン、今は、誰でも普通に使っている。
ビジネスには欠かせないツールである。
今、みんなが使っているものは、古い言い方で申し訳ないが、
所謂、”IBM互換機”という種類のパソコンだ。
ビデオや、DVD、いろいろな方式があって、淘汰され、市場が今の方式に
統一されたように、パソコンも、各メーカーで違ったものは嘗てはあったが、
淘汰され、”IBM互換機”が残った。

この方式、CPUは、インテル、メモリーもほぼ共通、OSはWindowsと、
皆同じであるように、一見、見える。
ところが、パソコンのハードの部分と、OSであるWindowsを繋ぐソフトの
部分、実は、各メーカー、皆、違う。
ここは、各メーカーにとって、命綱の部分である。
今回繋がらなかったのは、ハードウェアであるデータ通信カード、
ゆえに、データ通信カードのソフトよりパソコンの方で、
データ通信カードを認識する部分の方に、問題があるような気がしてきた。

パナソニックダウンロードセンター

もし、私の稚拙なブログをお読みいただけたら、お試しください。
[PR]
by l-cedar | 2009-09-25 07:01 | 日々