高田米治郎が”日々”の出来事や読んだ本について感想文を書きます。


by l-cedar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第三双生児

第三双生児(上) 原題:The Third Twin
ケン・フォレット
著 佐々田 雅子 訳 新潮文庫」を読んだ。 

米治郎の推薦度 ☆☆

この本、読みたいと思っているうちに廃版になってしまい、
残念に思っていて、あちこちのブックオフで探していたが、
先日、秋葉原のブックオフで上下とも発見して、
「やったー」と声が出そうになったが、
何とかこらえて、喜び勇んで、即購入した。

これ、映画はないのかと思ったら、あった
主役の双生児の研究をしている女性博士ジニーは、トップガンの
トム・クルーズと恋に落ちるケリー・マクギリスが演じているらしい。

舞台はある変質者が、大学のキャンパスで女性を
凌辱していることを想像するシーンから始まる
何とも物騒なところから始まる。彼はそれを
我慢できずに実際にやってしまう。
主人公ジニーの助手、リサはその魔の手の犠牲になり、
火事の中で、強姦されてしまう。
一方、ジニーは、双生児の研究をしていて、
違う環境で育てられた一卵性双生児は、
違うのか、違わないのか、例えば、凶暴性は
似てしまうのかを研究しており、自身で開発した
プログラムにより、違う環境で育てられた
一卵性双生児を発見して、その片割れを
研究室に呼び、調査を始めようとしていた。
彼女を大学に招へいしたベリントン教授は、
その一卵性双生児の片割れを見て、驚愕する。
実は、教授は、彼を知っていたのだ。
それは、ジニーがパンドラの箱を開けてしまった
瞬間で、ジニーとベリントンとの闘いの始まりを
告げたゴングだった。

見てはいないが、テレビで”Wの悲劇”をやっているが、
よく、顔が自分に似た人が世間には3人いると言う。
この本は、他人の空似ではなく、一卵性双生児の話。
あなたは、自分が一卵性双生児の片割れだなんて
事を思ったことはありませんよね。
癖や好みもすべて一緒で、しかもそれは
一人ではなく・・・。

ドラマのネタに困っているテレビ局の担当者、
舞台を日本に焼き直しして、ドラマとしても
面白いのではと思った。
”Wの悲劇”より面白いと思う。
(見てないけど・・・)

そういえば、ケン・フォレットのサイトを見たら、
巨人たちの落日(原題:Fall of Giants)”の続編、
”Winter of the World ”っていうのが発刊されたらしい。
早く和訳本出て欲しいなぁ。ソフトバンクさん、ヨロシク。
[PR]
by l-cedar | 2012-05-14 08:00 | 感想文
面白いところを発見してしまった。

護国寺交差点から不忍通りを清戸坂を
上って、目白通りにぶつかる手前。

ここは、晴れた休日の午前中、
ほぼ9割がた、ネズミ取りをやっている。

今日もやっていた。
婦人警官が計測器のところにいるが、
立ちあがって暇そうである。
もう、昼近くだし、そろそろ終了か。

先へ行くと、シルバーのハイエース交通覆面PCが
少し、斜めっている。その前には180系白黒PCが
反対を向けてボンネットを開けている。
ハイエースとゼロクラPCの間は、バッテリーコード。

ハハハ、ネズミ取りして止めていたら、
バッテリー上がっちゃったらしいっす。
c0003409_1304273.jpg

[PR]
by l-cedar | 2012-05-05 13:01 | 特殊車両

国際スパイ・ゾルゲ

「国際スパイ・ゾルゲ(NHK製作)【YouTube】」を見た。

米治郎の推薦度 ☆☆☆

これも著作権の関係で、YouTubeから削除される可能性が高い。
よって、興味を持った方は、早く見ることをお勧めする。

現代史スクープドキュメント1991年10月7・8日に
放送されたNHK製作のドキュメント。
なんと旧ソ連KGBに取材をしている。
そして、驚くなかれ、ゾルゲと日本で一緒に生活していた
石井花子さん(映画では、三宅華子として、葉月里緒菜さん
が演じている)の実物が出てくるのである。
KGBが公開したゾルゲのソ連においてきた
妻への手紙も良くソ連が公開したものである。
今となっては、ソ連崩壊への序章だったのかもしれない。

Spy Sorge (スパイゾルゲ) 1/10


Spy Sorge (スパイゾルゲ) 2/10


Spy Sorge (スパイゾルゲ) 3/10


Spy Sorge (スパイゾルゲ) 4/10


Spy Sorge (スパイゾルゲ) 5/10


Spy Sorge (スパイゾルゲ) 6/10


Spy Sorge (スパイゾルゲ) 7/10


Spy Sorge (スパイゾルゲ) 8/10


Spy Sorge (スパイゾルゲ) 9/10


Spy Sorge(スパイゾルゲ) 10/10


リヒャルト・ゾルゲ、実在の名の残るスパイとして、
命をかけて、まさに歴史を変えた、
そして、世界を救った人物である。
[PR]
by l-cedar | 2012-05-02 08:21 | 感想文

スパイ・ゾルゲ (映画)

映画「スパイ・ゾルゲ 監督・原作:篠田正浩」を見た。

米治郎の推薦度 ☆☆☆

と、言っても、なんとYouTubeでだ。

これ、著作権の関係で、YouTubeから削除される可能性が高い。
よって、興味を持った方は、早く見ることをお勧めする。

先日、感想文で記事にした「ゾルゲ 引き裂かれたスパイ」を
ほぼ忠実に描いた映画である。
YouTube、20本に分割されている。

監督の篠田正浩氏が、小春演じる山崎淑子
(ブランコ・ド・ヴーケリッチ(ゾルゲスパイ団)夫人)の父親役で、
先日、叙勲された夫人の岩下志摩さんが、近衛千代子(文麿夫人)役で、
チョイ役で出演されている。
本木雅弘氏演じる尾崎秀実、
そして、夏川結衣さん演じる尾崎英子(尾崎の妻)が良い。

CGで再現された当時の東京(銀座や有楽町)、上海も見ものだ。
2/26事件の様子の描写も生々しい。
そして、本の紹介のところではあえて書かなかったが
ゾルゲが2/26事件の背景を正確に掴んでいることも驚きだ。
また、日独伊三国同盟の締結までに至る日本政府の
心理、状況を的確に掴んで、ソ連へ報告している。

何日かに分けてみるのもおススメだ。
連休後半は天気が悪そうなので、いかがであろうか。
Spy Sorge Japanese Subtitles01of20


Spy Sorge Japanese Subtitles02of20


Spy Sorge Japanese Subtitles03of20


Spy Sorge Japanese Subtitles04of20


Spy Sorge Japanese Subtitles05of20


Spy Sorge Japanese Subtitles06of20


Spy Sorge Japanese Subtitles07of20


Spy Sorge Japanese Subtitles08of20


Spy Sorge Japanese Subtitles09of20


Spy Sorge Japanese Subtitles10of20


Spy Sorge Japanese Subtitles11of20


Spy Sorge Japanese Subtitles12of20


Spy Sorge Japanese Subtitles13of20


Spy Sorge Japanese Subtitles14of20


Spy Sorge Japanese Subtitles15of20


Spy Sorge Japanese Subtitles16of20


Spy Sorge Japanese Subtitles17of20


Spy Sorge Japanese Subtitles18of20


Spy Sorge Japanese Subtitles19of20


Spy Sorge Japanese Subtitles20of20


最後のジョン・レノンのイマジン、その歌詞の字幕スーパーが
あらためて、ジョン・レノン、そして、リヒャルト・ゾルゲ、
すごい人だと思った。

共産主義、社会主義は、資本主義に負けたのではない。
人間の権力欲、支配欲、人間の欲に負けたのだ。
資本主義は、その人間の欲望を追求することに良く合っている。
だが、その上での平和とは何だろう。
ゾルゲはわかっていたのだろうか。
尾崎秀実はわかっていたのだろうか。

東京、多摩霊園に彼らの墓はあるらしい。
[PR]
by l-cedar | 2012-05-01 08:00 | 感想文