高田米治郎が”日々”の出来事や読んだ本について感想文を書きます。


by l-cedar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ゾルゲ 引き裂かれたスパイ(上・下) 
原題:Stalin’s Spy: Richard Sorge and the Tokyo Ring
ロバート・ワイマント
著 西木正明 訳 新潮文庫」を読んだ。 

米治郎の推薦度 ☆☆☆

この本の主人公、リヒャルト・ゾルゲをご存じだろうか?
彼がいたから、今のヨーロッパ、今の世界があると言っても過言ではない。
この本、発刊時につい読み逸れてしまい、ずっと探していて、
ブックオフで手に入れて、読んだ。
西木正明氏の訳であることも興味をそそられていて、
どこの本屋を探しても見つけられなかったことを後悔していた。
リヒャルト・ゾルゲ、ウィキペディアにリンクしたので詳しくは
それを読んで欲しいが、太平洋戦争直前に特高警察によって
逮捕され、日本を震撼させたソ連のスパイである。

米治郎、ゾルゲのことは多少知っていた。
しかし、ドイツ人で、ドイツの記者で、日本のドイツ大使館に
出入りしていて、ナチス党員であったゾルゲが、なぜ、ソ連の
スパイだったのかが良くわからなかった。
この本を読んですべてを理解できた。

さて、冒頭のヨーロッパを救った話だが、ソ連は、西からは
ナチスドイツに攻められ、モスクワの直前まで攻め入れられていた。
しかし、東側の日本が怖くて、スターリンはシベリア側の兵を
ヨーロッパ側に送りこむことを躊躇していた。
シベリア側の兵を一気にヨーロッパ側に向かわせたのは、
ゾルゲの情報だった。「日本は絶対に攻めてこない」
この情報で、ソ連は、ドイツを巻き返し、一気に反撃に出て、
アメリカとともに、ヨーロッパをナチスから救えた。

酒飲み、女たらし、日本のドイツ人社会に溶け込み、
ドイツ大使の御意見番として君臨して、その情報を
ソ連に送っていたゾルゲ。
この本は、小説ではなく、残された文書などを忠実に
つなげているノンフィクションである。
米治郎は、ゾルゲとともに逮捕された尾崎秀実にも
興味を持っていた。
朝日新聞の記者だったことで、ある意味その思想は
理解できていたが、その後、中国研究の第1人者として、
当時の近衛内閣の嘱託として活躍して、逮捕時は、
満鉄調査部だったのである。
この辺の経緯がわからなかったが、良く理解できた。

ゾルゲと尾崎、当時の日本で良くここまで
スパイとしての活動ができたものである。
命を賭して・・・。
[PR]
by l-cedar | 2012-04-30 16:41

神奈川県警の大追跡

まるで、西部警察さながらのカーチェイスである。

先ずは、神奈川県警のゼロクラウン白黒PCが見つけた白いチェイサーの追跡劇から始まる。


番組変わって、V35覆面PCとのカーチェイス。これ、横浜です。


このチェイサーもしたい放題。V35覆面PCもぶつけて止めないところが日本流。


と、まあ、最後は、いろいろおまけもついての逮捕劇。


この手のマークツー、チェイサー、クレスタって盗難が多いらしい。
[PR]
by l-cedar | 2012-04-17 08:00 | You Tubeより

さらば雑司ヶ谷

さらば雑司ヶ谷 樋口 毅宏 著 新潮文庫」
を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆

このブログ更新、1ヶ月以上のご無沙汰である。

米治郎の住んでいる豊島区高田、その隣町が雑司ヶ谷である。
”雑司が谷”ではなく”雑司ヶ谷”である。
もちろん、”憎死我夜”でもない。
間違うと雑司ヶ谷出身の作者、樋口毅宏氏に殺されるだろう。
何しろ「小説界のタランティーノ」といわれている。
この本のハードカバーが出た時、すごく騒がれ、題名と
雑司ヶ谷出身の作者に興味を持っていた。
意外に早く、文庫化され、ツイッターでの称賛ツィートも多く、
実は、発売後すぐ(平成24年2月)に読了していたが、
感想文がずいぶん遅れてしまった。

購入時、別の本を読んでいたので、奥さんに「読んでみたら」
と、渡してあったが、バイオレンスシーンが大嫌いな奥さん、
14ページ目で、「もう読めない、つまらない」とギブアップ。

断っておくが、隣町の雑司ヶ谷は、この本に書かれているように、
マコトやヒカルやタカシやマサやシュンがいる騒々しい
ウエストゲートパークな町とは違い、どちらかというと
谷根千に近い下町情緒あふれて、ババアとこの本で
主人公が呼んでいる国を操作できる教祖はたぶん住んでいない。
まして、都電の中で撃ち合いは起こらないので安心して欲しい。

水道橋博士さんと、町山智浩さんという人の
ダブル解説も興味を持った。

まあ、何しろ、全編、劇画を読んでいるようだが、
風刺、シリアス、洒落があふれ、ある方たちには
とんでもなく面白いだろう。

と、気がついたら、中身を少し話してしまったが、
これで読む気になったら読んでみろ!
[PR]
by l-cedar | 2012-04-15 08:00 | 感想文