高田米治郎が”日々”の出来事や読んだ本について感想文を書きます。


by l-cedar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年のベスト8

本来のこのサイトは感想文。

そこで、大晦日に総決算、
米治郎が読んだ今年のベスト8を・・・。
非常にマイナーで、勝手なベスト8.

8位
猛き海狼
これは、ほとんど誰にも受け入れられないかもしれない。
第2次大戦中のドイツ国内が良く描かれている。
ナチスは国民にどう受け入れられていたか?

7位
銀座ブルース
意外に秀逸だったのがこれである。
終戦直後の日本の刑事警察、
そして、有名な事件の背後には何があったか?

6位
警官の血
【復習】だが、佐々木譲ファンとして、これを上げた。
実は、極端に読む量が減って、佐々木譲さんの
作品を今年はあまり読んでいない。
これが、直木賞を取るべきだったのでは・・・。

5位
鎖された海峡
逢坂剛さんの所謂イベリアシリーズ。
第2次大戦のヨーロッパ戦線もいよいよ連合軍の上陸作戦へ。
さて、連合軍はどこから上陸するのか?

4位
しゃぼん玉
乃南アサさんのシリーズものではない単品。
なぜ、こんな若者の心理がわかるのか?
それほど秀逸な心理描写、そして、この読了感。

3位
ウェルカム トゥ パールハーバー
西木正明さんのこの題名、まさにそのものズバリ。
太平洋戦争、日本はいかに真珠湾を攻めさせられたか?
なぜ、あの戦争をしてしまったか?
情報戦としての太平洋戦争前夜が描かれ、
米治郎的にドンピシャ。

2位
銀のみち一条
玉岡かおるさんのこの手のモノ、
非常に読み応えがある。
明治の女たちの逞しさを描かせたら秀逸である。
生野銀山に生きる人々の心が、わかりやすい文章で
次から次へと読んでいける。

1位
巨人たちの落日
1位はやっぱりコレだろう。
ケン・フォレットの最新作、ヨーロッパがどのように
第1次大戦への道へ落ちていったかを主要な各国に
登場人物を配して、非常に興味深く書いている。
続編もあるとのこと、期待したい。

今年もこのブログを読んでいただきありがとうございます。
来年もよろしくお願いします。

皆さま、どうぞ良いお年を!
[PR]
by l-cedar | 2011-12-31 17:36 | 感想文

新しい家族

新しい家族を紹介する。

3女の”ピックヨウル(小さなクリスマスの意(Finland))”だ。

c0003409_20184794.jpg


クリスマスイブ、正式に、うちの家族になった。

c0003409_2053418.jpg


彼女は、所謂、保護犬だ。

動物愛護団体ミグノンに保護されていた。
ミグノンは、東京都各地の保健所の保護センターや、東北の被災地で、
保護された犬をミグノンのシェルターに連れてきて、”預かりさん”と
呼ばれる方たちに育てられながら、譲渡会で、一般に披露され、
譲渡会に見に来た人たちの中から里親を探す(探される)。

ある日、娘のカオルから、保護犬で、ミニチュアーピンシャーがいる、
ついては、連れてきても良いか?との相談があった。

2女が亡くなって、2年4カ月。
c0003409_2027229.jpg

2女の事は忘れられない。

しかし、この保護犬のミニピン、うちに来ないと、どうなるのか?
答えは、・・・・・、そう”それ”しかない。
それを考えたら、「いいよ」と言ってしまった。
c0003409_20541830.jpg


そして、彼女は、ミグノンのお姉さんに連れられて、我が家へ来た。

本当に良い子である。全く鳴かない。
これには驚いた。散歩もあちこち行かず、ただひたすら歩くらしい。
3女のピックヨウルは、3女というより、カオルの子。
だから、ご飯をやるのも、散歩も、寝るのもすべてカオルがやる。

1週間のトライアル期間で、もし馴染めなかったら、返すらしい。
しかし、我が家では、”返す”などということは考えられない。

そして、トライアル期間の終了、ミグノンへ連れて行って面接がある。
”ピック”を連れて、ミグノンの店内へ入ると・・・。

うちでは全く鳴かなかったピックが悲鳴を発する。
本当に悲痛な叫びだ。
そう、
「もうここへ置いて行かないでー」
と泣いているのだ。
あんなにうちでは鳴かないおりこうさんが、鳴いている。
初めて、感情を露わにした。
「お前はうちの子だよ」
と、諭しても、泣きやまない。
店から外へ出て、やっと泣きやんだ。

ピックは、ブリーダーから捨てられた子らしい。
2~3歳らしいが、何回か出産している。
10個の乳房がピンと立っているのがその証拠だ。
何回か出産して、そのまま捨てられたのだ。
ブリーダーって、商売だから・・・、
しかし、犬を生活の糧としているなら、
そんな奴は許せない。
だから、泣いていたのだ、鳴き叫んでいたのだ。

c0003409_20461387.jpg


「さあ、お前は、今日から正式にうちの子だ」

c0003409_20462788.jpg

[PR]
by l-cedar | 2011-12-26 08:00 | 新しい家族【ピックヨウル】

クリスマスおめでとう

皆さん、クリスマスおめでとうございます。
c0003409_80750.jpg


昨夜は、カトリック信者である奥さんと
カトリック関口教会(ウィキペディア)へ行ってきた。

c0003409_812271.jpg


闇に浮かぶ十字架
c0003409_822314.jpg


大聖堂
c0003409_824870.jpg


カテドラル(背が大きい赤い椅子は大司教の椅子)
c0003409_85276.jpg


馬屋
c0003409_85278.jpg


米治郎は信者ではないが、ここへ来ると、
いつも厳粛な気持ちになれる。
[PR]
by l-cedar | 2011-12-25 08:10 | 日々

ピース

ピース 樋口 有介 著 中公文庫」を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆

ずっと、良い”ペース”で読み続けて、良い”ペース”で
感想文をかけていた。
ところが、ここのところ、急に読む”ペース”が落ちてしまった。

実は、途中で棚上げになったモノがある。
宮部みゆきさんの”おまえさん”が読み疲れて、懸案事項になっている。

だから、”ピース”を読んで、”ペース”を上げられるか・・・。

書店で山積みされていて、おススメだったが、天の邪鬼な米治郎、
手が出なかった。「表紙の絵を覚えていてください、ゾッとします」
だか「意味がわかります」みたいなポップの説明が各書店にあった。
で、・・・、ほとぼりが冷めた今、読んでみた。

最後の方で、それがわかって、
「へぇー、で・・・」が素直な感想。

秩父周辺で起きた連続バラバラ殺人事件。

米治郎、秩父、長瀞、横瀬、皆野、両神、小鹿野、吉田、
そして、上野村などの地名、知っていたので、面白かった。

秩父のスナック(?)”ラザロ”から話は始まる。
数々の伏線というかプロット、そして、伏線だと思っていると、
そうではなかったりと、その辺が上手いなと感じる。
この手の話、なかなか「うーん」と唸れる話が少ない。
これはどうだろうか?試しに読んでみるのはどうだろう。
[PR]
by l-cedar | 2011-12-14 08:00 | 感想文

学習院野球部

米治郎の近所の明治通りや目白通り、
この時期、銀杏などの落ち葉が歩道に堆積する。
東京都が、集積用のクルマで集塵作業をするが、
歩道まではなかなか集積できない。

今日、学習院高等科野球部の諸君が
箒で、落ち葉を集めていた。
c0003409_2039150.jpg

特に、この千登世橋の下は落ち葉以外のゴミも多い。

これって、毎年していたらしい。
頭が下がった。
思わず、

「ありがとう」

って言ってしまった。
[PR]
by l-cedar | 2011-12-10 20:40 | 日々