高田米治郎が”日々”の出来事や読んだ本について感想文を書きます。


by l-cedar
カレンダー

<   2011年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

悲しい別れ

別れは悲しいモノである。
誰でも別れは経験する。
それが、好きなもの同士の別れであれば、
その悲しい思いは格別なものになる。

別れに涙はつきものだ。
悲しい別れなら、さらにその度合いは深まる。
別れが悲しければ、思い切り泣くが良い。
泣き叫んで、悲しい思いを吐き出せばよい。
好きな人の胸で、思い切り泣くが良い。





そういう悲しい別れが毎日繰り広げられている。








米治郎の会社のそばに小学校がある。
米治郎の通勤時間、ちょうど、その小学校の
通学時間にぶつかる。都心の小学校なので、
生徒数は少ない。

白人のお父さんと手をつないで小学校4年生くらいの
女の子が、毎日、米治郎の会社の方からやってくる。
お父さんは、お腹がでっぷり出た40代くらい。
女の子は、たぶん、ハーフなのだろう、
クリクリ眼のかわいい子だ。女の子は、
お父さんと手をつなぎ、ニコニコして歩いてくる。
ところが、校門の3mくらい前になると、突然、
女の子の表情が崩れてくる。
そして、校門の前で、くるっと向きを変え、
お父さんに抱きつき、でっぷりとした
お腹の中で、オイオイと泣きだすのだ。
そして、一頻り泣くと、バイバイと言って、
校門から校庭を通って、
何事もなかったかのように校舎へ向かう。
その後ろ姿を、お父さんは、ずっと校門の前で
彼女の姿が、校舎へ入って見えなくなるまで見送る。
そして、彼も何事もなかったのように、再び、
娘と来た道を戻っていく。これが、毎日繰り返される。

米治郎、ずっと見ている訳に行かないが、
少しずつ時間がずれて一遍に見たわけではなく、
毎日、行われているので断片的に見て、
この親子の毎日の別れのすべてを理解することができた。

歩いているのを見た日は、ニコニコしているので
「今日は大丈夫なのだな」と思っていたが、
彼女のニコニコしている顔が歪んでいき、
泣きだす場面を見た日は、ビックリした。
そして、「あ、毎日こうだったのか」と理解できた。

別れは悲しい、そして、それが毎日ならもっと悲しい。

でも、あのお父さんは幸せだ。
いつまで、”悲しい別れ”は続くのだろう。
[PR]
by l-cedar | 2011-09-30 08:00 | 日々

ストックホルムの密使

ストックホルムの密使(上) 佐々木 譲 著 新潮文庫」を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆☆☆

佐々木譲さんの第二次大戦三部作、最後の作品。
平成9年12月1日の初版本を読んだので、
約13年前に読んだモノの復習だ。

第2次世界大戦中のパリ、すでにナチスドイツが
パリを占領していた。パリのとあるカジノサロン、
元ホテルマンで遊び人の森四郎の元へ
ゲシュタポがやってきて、同行をもとめられた。
ここから、物語は始まる。

舞台はかわって、スウェーデン、ストックホルム。
帝国海軍在スウェーデン駐在武官の大和田市郎は、
ポーランド軍情報部のヤン・コワルスキからソビエトや、
イギリスなどの情報を得て、日本へ送っていたが、
その情報が、軍令部に届いていないのではないかと
不審を抱いていた。

そして、東京海軍省。
書記官の山脇順三は、高木惣吉少将から
目黒の海軍技術研究所に呼び出されていた。
戦争終結の為に力をかさないか、という打診だった。

一方、ストックホルムの大和田武官は、
日本を滅亡に導くソビエトの参戦、
そしてアメリカの原爆開発の成功という
重要な情報を得る。そして、その情報を
軍令部に伝えるため、2人の密使に託す。

復習なのに、どんどん読み続け、
どうなる、どうなると思いながら、
少し覚えているところもあるのだが、
断片的に忘れていて、あれ、ここは覚えているが、
この後どうなるんだっけ、と冷や冷やしながら、
あっという間に読み終わり、すごく楽しめた。
佐々木譲さん、あらためて流石だと思った。

ベルリンで、”ベルリン飛行指令”で、零戦をベルリンまで運び、
山脇書記官の妻の兄、安藤海軍武官が登場するのが、
安藤はここにいたんだと思う。
少しずつ、繋がっていて、好奇心を満足させてくれる。

歴史の結果を見れば、明らかなことだが、
日本は、ソビエトの参戦、アメリカによる
二度の原爆投下により、無条件降伏をするが、
そこへ至るまでの裏で起こったかもしれないこと。
それを佐々木譲さんは、奇想天外な見事なストーリーで
書きあげている。
13年経って、あらためて読んだが、
全くぶれていない傑作である。
[PR]
by l-cedar | 2011-09-29 08:00 | 感想文【復習】

アリオン覆面パトカー

アリオンの覆面パトカー、新旧。

水色が新型、グレーが旧型。
c0003409_22412511.jpg


後窓の両脇のテレビアンテナ風、これが覆面パトカーの証。
今どき、こんなアンテナつけているクルマはない。
このアンテナをつけているクルマは、
ほぼ間違いなく、覆面パトカー。
c0003409_2242821.jpg


アリオンの覆面パトカー、捜査用車両だから・・・、
こんな遅い交通覆面はあり得ないので、悪いことをやらない限り、
交通違反くらいでは、このクルマに焦る必要はない。

一番、右(後ろ姿は左)の白いハイエース。
屋根の上の箱は換気扇。
換気しなければいけないものを運ぶ警察車両。
[PR]
by l-cedar | 2011-09-28 14:30 | 特殊車両

第三の原爆

第三の原爆 伴野 朗 著 講談社文庫」を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆☆

この本、たぶん廃刊になっている。
もし、興味を持たれた方は、アマゾンへリンクしてあるので、
そこから古本を探してみてはいかがだろうか。

伴野朗さん、中国の小説を書か書かせたら、
素晴らしい。

米治郎が好きなのは、伴野朗さんの”山城太助”シリーズ。
山城太助は、上海特務機関の工作員だ。

第三の原爆。
日本に、落ちたのは、広島、長崎の二発だ。
ところが、長崎には、二発、原爆が落ちていた。
しかも、二発目は不発だった。

その原爆を、日本の敗戦工作を謀る一部の軍部。
原爆が欲しいソビエトの諜報員。
さらに、それを外部に出したくないアメリカの諜報員。
その三派が、入り乱れて、終戦直前の日本で策略する。

西木正明さん、その前の伴野朗さん。
さらに、佐々木譲さん。
このお三方、太平洋戦争前後の小説。
秀逸としか言いようがない。

伴野朗さんのこの”第三の原爆”。
このご三方、”火のないところに煙は立たない”。
だから、非常に興味深く、非常に面白い。

1995年8月15日第1刷。
米治郎が持っているのは、この本だ。
だから、初読は、1995年8月前後。

この本、夢中で探した。
上海奪回指令で、伴野朗さんに嵌って、
読み漁ろうとしたが、すでに廃刊になっている作品も
多かった。その中で、この本に出会ったときは、
鳥肌が立った。

山城太助シリーズの1冊だが、
山城太助は、脇役だ。

佐々木譲さんの篆刻名、
”阿房庵”、
名付け親は、伴野朗さんだ。

米治郎と同じ、太平洋善後に興味のある方、
必読の1冊だ。
[PR]
by l-cedar | 2011-09-27 08:00 | 感想文【復習】

猫-4

猫がなかなか居ない。見つからない。

そして、やっと遭遇しても、すぐに逃げる。
c0003409_1801598.jpg


c0003409_1802989.jpg


c0003409_1805266.jpg


c0003409_181727.jpg


c0003409_1813871.jpg


c0003409_1815148.jpg


c0003409_1821494.jpg


c0003409_1823278.jpg


c0003409_1825315.jpg


c0003409_183661.jpg


どっしりと構えている奴は、呼んでも振り向かない
c0003409_183209.jpg


c0003409_1833330.jpg


猫は勝手気まま
[PR]
by l-cedar | 2011-09-26 08:00 |

ケータハム7

元ロータス7。

ケータハム7。

昔、ナオコバが持っていた。

助手席に乗せてもらった。

公道でゴーカートの乗っている感覚だった。

ランニングで、千石一丁目で出会った。

c0003409_21233456.jpg


このクルマ、ヘルメットは必需品。
[PR]
by l-cedar | 2011-09-23 08:00 | 珍車

冬のアゼリア

冬のアゼリア 大正十年・裕仁皇太子拉致暗殺計画 
西木 正明
著 文春文庫」を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆☆

2005年8月10日第1刷版を当時読んだモノの復習だ。
ここのところ、復習は第2次世界大戦前後のモノを
選んで復習している。

裕仁皇太子(昭和天皇)が、1921年(大正10年)
3月3日から9月3日まで、ヨーロッパを歴訪されたが、
その時、立ち寄った香港で暗殺計画があったとされる
西木正明さんお得意の裏歴史モノである。

物語の始まる冒頭に、昭和45年(1970年)の9月16日、
那須御用邸で記者団の質問に答えて
「ええ、印象に残る思い出はいろいろありますが、
ヨーロッパに旅したことです。若い時ヨーロッパに
旅したことが、もっとも印象に残っています」
とのお言葉が載せられている。

そして、物語は始まる。
排日運動は、中国、朝鮮で始まっていた。
1919年、朝鮮の排日運動過激派組織の
金元鳳は、パリへ暗殺者を派遣し、
第1次世界大戦終了後のパリ講和会議に
出席する西園寺公望侯爵の暗殺を企てるが、
失敗に終わる。
朝鮮の密陽警察署警部補の楠田刑事は、
朝鮮での排日運動を取り締まっていた。
物語は、この二人を微妙に絡ませながら、
間に、密陽の「アリラン亭」という食堂の
女将の金淑秀を入れて、進んでいく。

明治維新を成功させ、近代国家への道を進む
日本、ヨーロッパ諸国やアメリカに並ぶ一流国家へ
向かう帝国主義的な日本の被害者である
朝鮮の人たち、彼らは決して一枚岩ではなかった。
戦後の朝鮮半島が分裂したことでもわかるように
民主主義に走る者たちと、コミンテルン、共産主義に走る者たち、
そして、その間で、より過激に光復を目指す者たち。

裕仁皇太子がなぜ、ヨーロッパを歴訪することに
なったかの経緯も当時の重鎮たちの話を
重ねながら興味深く西木さんの筆致は冴える。
そして、裕仁皇太子は、ヨーロッパに旅立ち、
香港に立ち寄る。果たして、暗殺計画は・・・。
[PR]
by l-cedar | 2011-09-22 08:00 | 感想文【復習】

彼岸花

お彼岸の頃、赤い花を咲かせる
その名の通り彼岸花
曼珠沙華とも呼ばれている。

この花、9月中旬頃、突然、いきなり茎が現れて、
赤い花を咲かせる。

c0003409_16533992.jpg


つぼみ状態のモノを初めて見た。

c0003409_16541065.jpg


彼岸花、怖ぇー。
[PR]
by l-cedar | 2011-09-21 08:00 | 日々

銀のみち一条

銀のみち一条(上) 玉岡 かおる 著 新潮文庫」を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆☆☆★

この読了感はなんだろう。
感動、納得、言葉、ということを思い浮かべる。
天涯の船”、”お家さん”に続く”明治の女”
シリーズとでも呼べる新潮文庫第三作目だ。
前の二作は”☆☆☆”だったが、さらに、
これが一番面白かったので”☆☆☆★”だ。
舞台は明治の生野銀山。この本を読んで初めて
生野銀山を知ったが、世界遺産になった石見銀山より
歴史は古く、開坑は平安時代の807年とされている。
三人の女と一人の男の話である。
生野銀山の病院のお嬢様、咲耶子、
生野銀山一の売れっ子芸妓、芳野、
咲耶子付きの女中、志真、生野銀山の坑夫、雷太。
この4人を子供の頃から描き、それぞれを絡めていき、
物語は進んでいく。純愛物語といっても良いストーリーだ。

「運命」と「惻隠の情」、この二つの言葉に集約される。
人の「運命」とは、”決められて”いるものでもあるが、
”決めていく”ものでもある。
「惻隠の情」、今の日本人に一番足りないものではないか・・・。
これを玉岡ひかるさんは、見事な筆致力で
三人の女と一人の男を通して描いていく。
敢えて、詳しいストーリーはここでは書かない。

”天涯の船”、”お家さん”同様、舞台となる明治からの
生野銀山の描写も、当然、物語の伏線にある。
平安の時代から脈々と続き、織田信長、豊臣秀吉
徳川家康が重要な財源としたのと同様、明治政府も
当初から重要な財源として、外国人を使い、
外国の技術を積極的に取り入れ、
生野銀山を国家の重要な糧として育てていった。
その様々な変化に右往左往しながら
一喜一憂して銀山で生きる生野の人々。

単純なラブストーリーに飽きた人におススメの
悲喜が溢れる玉岡かおるさんの傑作だ。
米治郎のようなおじさんにも十分堪能できる
絶対におススメの小説だ。
[PR]
by l-cedar | 2011-09-20 08:00 | 感想文

猫-3

3週目。


c0003409_23565126.jpg


私ね
c0003409_23571846.jpg


自転車好きなの
c0003409_23574988.jpg


乗ってみたいの、自転車
c0003409_23581831.jpg


でもねぇ
c0003409_23584515.jpg


自転車、飛び乗るだけじゃダメみたいなの
c0003409_23594940.jpg


あーあ
c0003409_001238.jpg


あっ、乗ってみたいなぁ、自転車
c0003409_005273.jpg


眠い
c0003409_013547.jpg


私たち先週も出たわねぇ
c0003409_02441.jpg


私は、このポルシェ924の管理猫ですが、何か?
c0003409_033850.jpg

[PR]
by l-cedar | 2011-09-19 08:00 |