高田米治郎が”日々”の出来事や読んだ本について感想文を書きます。


by l-cedar
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

マイケル

マイケル・ジャクソンのペプシのCM。

マイケルのまねしていた少年が見たものは・・・。



主役は、紛れもなく、マイケルじゃなく、
この赤いブルゾンの少年!

ちょいと古いが良い感じ。

追悼、マイケル・ジャクソン。
[PR]
by l-cedar | 2011-01-27 22:00 | You Tubeより
鍼をうってもらう時には、気をつけよう!

またまた、あの保険会社のCM。


[PR]
by l-cedar | 2011-01-26 21:10 | You Tubeより
2011年1月16日、JR山手線、目白駅で、視覚障害の方が
ホームから転落して、電車にはねられ、亡くなられた。


内回りの電車に乗っていて、本当は、大塚駅で降りるはずだったが、
降りられなくて、次の池袋駅は、反対方面の電車に乗るには、
対面ホームの為に、階段を降り上りしなくてはいけなかったので、
さらにその次の目白駅まで行って、反対側の電車で戻るために、
この事故にあったらしい。ホームの端なので、
ホームが狭くなっていたのも、原因の一つだそうだ。

朝日新聞でも、社説で説いていた

これ、人災ではないか?JR東日本の責任じゃないか?
ホームドアがあれば、防げたはずだ。
ホームドアをもっと早く設置するべきだ。

JR東日本で一番儲かっている路線、山手線。
さらに言うと、日本で、東海道新幹線と並んで儲かっているのである。
山手線全29駅にホームドアが設置されるまで7年かかるという。
儲かっているのだから、企業として、乗客の安全をはかるのは、
社会的に責任がある。もっと、早くできないのか。

東京メトロの丸ノ内線、全線にホームドアが設置されている。
あんなに混んでいる路線でも、後付けで設置が可能だ。
しかも、7年もかからずにできた。

米治郎は、素人だから、山手線と丸ノ内線、一概に比較できない。

視覚に障害がなくても、ホームの端で、全く速度を緩めないで、
ホームに侵入してくる電車、ブレーキをかけるのは、
ホームの中程くらいだ。11両編成だから、仕方がない。
ホームに侵入してくる電車、視覚障害者でなくても怖い。

JR東日本管内、ここ1、2週間で、
何件の人身事故が起きているのだろう。

先日、高架化が終わった中央線。
新しいホームになった駅がたくさんある。
なぜ、ホームドアにできなかったのか?

JR東日本、企業の本質が問われている。

電車のホーム、電車に乗るのは、命がけだ。

にっぽん、ちゃ、ちゃ、ちゃ。
[PR]
by l-cedar | 2011-01-24 22:33 | 日々

ラ・ヴァルス

娘のカオルの影響で、数々のクラシックを聴いた。

彼女が大学時代、大学のオーケストラに所属して、
都内の有名ないろいろなコンサートホールで、
彼女の大学オーケストラのコンサートを聴きに行った。

”のだめ”で有名になったブラ1(ブラームス交響曲第1番)もやった。

今まで、CMにもたくさん使れた”ラヴェル”の”ボレロ”が有名だが・・・、
これもやった。

しかし、米治郎が、今のところ、一番好きなのは、
”ラヴェル”の”ラ・ヴァルス”。






この曲、彼女たちの演奏で聴いていない。
もう、聴くことはできない。

彼女が大学を卒業して、ほにゃらら、年経った・・・。
[PR]
by l-cedar | 2011-01-20 22:30 | You Tubeより

猛き海狼

猛き海狼(上・下) 原題”An Honorable German
チャールズ・マケイン著 高見浩訳 新潮文庫」を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆☆

第2次大戦、海戦、Uボート、ラブロマンス、銃後のベルリン、
そしてドイツ。このキーワードの中で、二つ以上ヒットしていたら、
是非おススメの一冊である。面白かった。後半は一気に読めた。

表紙といい、裏表紙の説明といい、Uボートや、海戦を前面に
押し出しているが、決してそれだけの小説ではない。
それと、さすが、新潮社、良い訳者を良い原作に
当てはめて仕事をさせる。何しろ訳が良いから、
次から次へと読んでいける。訳が下手な洋モノは、
読んでいて、引っかかってしまい、仕舞いには、
読み疲れて、途中で投げ出してしまうこともあるが、
これはそういうことが一切なかった。

時は、第2次大戦もドイツの敗戦が少しずつ色濃くなりだした頃、
ドイツの海軍士官からの視点で、この戦争をドイツ側から描いている。
しかも、読み終わって、解説を読んで知ったが、作者はアメリカ人だった。
(名前でわかれと思うだろうが、名前は見ていなかった)
主人公のマクシミリアン・ブレーゲンドルフ、通称マックスは、
ドイツ海軍士官学校を卒業した海軍士官で、物語は、
1939年9月南大西洋洋上のドイチェランド級装甲艦、
グラーフ・シュペー号から始まる。そこから
数々の戦歴、経験、苦難を経て、Uボート、U-114の艦長になる。
その間、フィアンセのマレート・フォン・ヴォラー、
外務省の高官を父に持つ才色兼備の女性との逢瀬もあり、
海戦で、船や潜水艦の中だけの話ではなく、銃後の
ドイツやドイツの占領しているパリなどが描かれ、
展開がどんどん変わり、読み手を決して飽きさせない。
第2次大戦中のベルリンやパリの様子の描写も
たいへん興味深かった。
マックスが、パリでの休暇中、誤って、プロテスタントの
女性をゲシュタポの手から助けてしまい、ゲシュタポに
捕まってしまうシーンは圧巻だ。
ドイツも、そして、日本も、こんなことに心血を
注いでいたので、勝てなかったのだ。

特に、ナチスバリバリの軍人と、騎士道を重んじる
プロイセンからの軍人の確執。
最後の最後のネタばれになるので、多くは言わないが、
その確執が、最後の、しかもドイツではない場所で、
マックスの命がどうなるか?と、言う場面で出てくる。

米治郎の独断の推薦度なので”☆☆☆”と、思ったが、
冒頭の5つの言葉で2つにヒットしない人が読んでも
面白くないと思うので、”☆☆”にした。

当時のUボート乗りへの挨拶で締めくくる。

”良き狩猟を”
[PR]
by l-cedar | 2011-01-18 22:00 | 感想文
またまた、あの保険会社のCM。

お持ち帰りには、ちょっと・・・。



少し古い、このボルボが物語っている。
[PR]
by l-cedar | 2011-01-17 00:33 | You Tubeより

はっぽーわん

さてさて、何のことやら???
はっぽーわん???

このブログを読んでいる方で、
少なくとも3名、この答えがわかっている人がいる。



外国にいる甥っ子のテッペイ。
外国人の友人から、
友人「今年は、ニセコじゃなくて、”はっぽーわん”に行くんだ、
   テッペイ、”はっぽーわん”知っているか?」
テッペイ「”はっぽーわん”???」



今日のテレビでもやっていた。



はっぽーわん
happo-one



ローマ字読みで・・・。


















答えは・・・、



八方尾根



そう、良い雪、スキー場、ニセコの次は、八方尾根、白馬。



日本人の知らない間に・・・、



外国人の人気な場所になっているところがたくさんある。



あちこちの水源らしいところを中国人が買う(った)らしい。



横須賀の海上自衛隊基地を見渡せる山を中国人が買う(った)らしい。



にっぽん、ちゃ、ちゃ、ちゃ。
[PR]
by l-cedar | 2011-01-14 21:48 | 日々

大がかりな・・・

映画の1シーンではない、CM。
それにしては、すごく大掛かり。
さて、何のCMでしょうね???




日本のこの種の会社、これくらい、やってみたら・・・。
[PR]
by l-cedar | 2011-01-13 22:00 | You Tubeより

カブリオレで急ぐ・・・

たくさんの女性を振り切り、
イケメンが急ぐ先は・・・。



ちょっと古い”3”のカブリオレのCMだが、
日本じゃ絶対に使われないだろうね。
[PR]
by l-cedar | 2011-01-12 21:30 | You Tubeより
チョコバーCM3連チャン。



このチョコバーを食べれば・・・。
[PR]
by l-cedar | 2011-01-11 20:32 | You Tubeより