高田米治郎が”日々”の出来事や読んだ本について感想文を書きます。


by l-cedar
カレンダー

<   2010年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

心に龍をちりばめて

「心に龍をちりばめて 白石 一文 著 新潮文庫」を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆☆★

3日連続の感想文。
3日連続で読んでいないので(当たり前田のクラッカー・・・(爆))、
ご安心を・・・(心配されてないしっ・・・)。

”☆☆☆”には惜しかった。
これは、女性向きであり、女性の”心”を理解する上で、
男性にも読んで欲しい気はするが、やはり、女性向きである。

白石一文さん、男女間、男性同士、人間同士、
人間模様の機微を書かせたら、当代一であろう。
それは、文芸春秋社の編集者から作家への転身。
さらには、佐々木譲さんと同一受賞となった、
2009年(平成21年)下半期の第142回直木賞受賞で
明らかであり、証明されている。

さて、今回の主人公は、女性34歳、小柳美帆。
モデルでも、女優でも、アナウンサーでも
なれた、行きかう男性が振り返り、
女性も羨む美貌の持ち主である。
さらに、お茶の水女子大を卒業し、才色兼備、
年収2,000万円のフリーのフードライター。
その彼氏は、東大法学部卒で、大手通信社の政治記者、
国会議員立候補を伺う超エリートの黒川丈二。
しかし、やくざである幼馴染の仲間優司と
再開して、美帆は変わっていく、いや、
本来の姿に戻っていくのか・・・。

巻末、どなたかは存じ上げませんが、
吉田伸子さんという方の解説にも、
書かれているが、白石一文さんは
これが言いたくて、この小説を書いたのではないか、
と、言うセリフをここであげておこう。
美貌の女性(美帆)が、結婚寸前状態の
超エリートの恋人(丈二)の両親に言うセリフ。
「もう、あなたたちにはうんざりです」
「初めて会ったときから、『きれいだ、きれいだ』
ばっかりで、いい加減イヤになりました。
あなたたちは自分の息子の婚約者に対して、
何か語るべき他の言葉を持ち合わせていないのですか。
~(中略)~私は努力してこの顔に生まれたわけじゃないし、
別にきれいに生まれたいと望んだ覚えもありません。
~(中略)~それともあなたたちは、顔の整った人間は
美しくない人間より人間的に優れているとでも
本気で考えているんですか。そういう下品な考え方にも
もう飽き飽きです。(後略)」
このセリフ、超美人の美帆に言わせることで、
本当にスカッとする。

白石一文さん、米治郎の同世代として、
この国の行く末を疑問に思うセリフも
女性の主人公に言わせている。

そして、仲間優司の存在。
「俺はお前のためならいつでも死んでやる」
このセリフ、美帆は、中学時代、
溺れかけた美帆を弟を助けて、
死にかけた同級生の優司が、病床で
ずっと眠りに落ち、気がついたときに
これを言われる。

さて、二人の人生は・・・。

やはり、
にっぽん、ちゃ、ちゃ、ちゃ。
[PR]
by l-cedar | 2010-11-28 21:40 | 感想文

ワシントン封印工作

「ワシントン封印工作 佐々木 譲 著 新潮文庫」を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆☆☆

「リメンバー、パールハーバー」
ハワイ真珠湾、日本は、アメリカに対する宣戦布告が遅れて、
奇襲攻撃したことに対するアメリカのプロパガンダだ。

この宣戦布告の遅れ、在米日本大使館員が
英訳タイプ打ちに手間取り、さらには
それ以前からの日米間の緊張を、
彼らが、自身の地位、保身のことだけを考え、
怠慢であったため、起こったこととする説がある。

※リンクした”ウィキペディアの真珠湾攻撃”の下の方にある
 ”宣戦布告遅延問題”、”陰謀論”を参照。


これは、その仮説の基づき、書かれた話である。

先日、この”ワシントン封印工作”が復刊されて、
新潮文庫の新刊となって、店頭に並んだ。
表紙の絵が、男女をマンガチックに描いていた。
それを見て、復習しようと思い、本棚から
かつて購入した”平成12年12月1日”発行の
文庫版の初刊を取り出し、復習を始めた。

あらためて、読んでみて、素晴らしい。
さすが、佐々木譲さんである。
主人公、大竹幹夫は、コロンビア大学へ留学して、
精神医学を学ぶ留学生、しかし、父からの仕送りが途絶え、
帰国して、徴兵検査を受けなくてはならない。
それを避けるため方策、在米日本大使館での
臨時雇いに収まった。
そこで、タイピスト、アメリカ人と日本人とのハーフ、
ミミ・シンプソンに一目惚れ。
しかし、彼女は、国務省の高官が
日本大使館へ送り込んだスパイだった。
二人の恋愛を絡めて、
日米開戦前夜の在米日本大使館、
在米日本大使、野村吉三郎と米国務長官、コーデル・ハル
とのやり取りで、実話を調味料として使い、
興味深く、物語を仕上げている。

この頃から、役人って変わっていない。
と、いうか、変わろうとはしていない。
誰がやっても、誰がなっても、
”役人”になれば、”役人”になってしまうのだろう。
政治家もまた、しかり。

またまた、感想文で・・・、
にっぽん、ちゃ、ちゃ、ちゃ。
[PR]
by l-cedar | 2010-11-27 22:25 | 感想文【復習】

ザビエルの首

「ザビエルの首 柳 広司 著 講談社文庫」を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆

柳広司さん、”ジョーカー・ゲーム”が読みたい。
でも、なかなか文庫化されない。

まだ、読んだことがないので、
まず、彼を知るために読んだ。

フランシスコ・ザビエル、ご存知、日本にキリスト教を布教した人だ。
歴史の教科書に必ず出ているので、名前くらいはわかると思う。
「いごよく広がるキリスト教」
そう、1549年、キリスト教が伝来した年。

主人公、片瀬修平はフリーのジャーナリスト。
聞こえは良いが、実は、貧乏ジャーナリストであるが、
一応、オカルト雑誌『ワルキプス』から仕事をもらっていた。
その、女性編集者、キリコ女史からの依頼で、鹿児島で、
”フランシスコ・ザビエルの首”が見つかったので、
取材して欲しいということだった。

そこから、修平はザビエルに取りつかれ、
過去の彼に、何回ものり移り、次第にザビエルの
生涯を”体験”する。

つかみはOKだった。
だが、読み進むうちに、ちょっと、心配になった。
ストーリーの着想は良いと思う。
途中、途中が、飽きて面倒になる。

だが、読了感は良い。

さて、スペインの貴族出身のザビエル、
幼い頃から、日本へ来るまで、
そして、インドへどう生きてきたのか?

心配は杞憂だった。
ジョーカー・ゲーム、期待できそうだ!
[PR]
by l-cedar | 2010-11-26 23:08 | 感想文

先取り感

今日の朝日新聞の書評の文庫本コーナー
※2010/11/21現在、asahi.com上では、朝日新聞記事の
 書評(文庫本)をアップされていません。


ぼくを忘れたスパイ”が出ていた。

「もう、読んじゃったぜぇ!」

この先取り感、たまらんぜぇよぉー。

さらに、ベストセラーなんかになると・・・。

この感覚、昔、渋谷のCISCOで、輸入版レコードを
漁っていた時、ジャケットだけで買って、それが
すごく良くて、3日後くらいに、FENで流れ始めて、
さらに、全米でヒットしてきた時の感覚と同じ感じ。

今、思う。
これって、子供を育てる感覚と同じかな?




違ったぁー。
って、作家もミュージシャンも育ててねぇーし。

ああ、勘違い・・・。
[PR]
by l-cedar | 2010-11-21 20:08 | 感想文
遅ればせながら、例の法相の件、

「法務大臣とは良いですね。二つ覚えときゃ良いんですから。
個別の事案についてはお答えを差し控えますと、これが良いんです。
わからなかったらこれを言う。
で、後は法と証拠に基づいて適切にやっております。
この二つなんです。まあ、何回使ったことか。」

これって、飲み屋でのサラリーマンが法務大臣を
バカにして言うレベルの会話・・・、
それを大臣自ら言っちゃうなんて・・・、
しかも地元の国政報告会で・・・。

なんで、こういうバカが国会議員になって、
大臣に選ばれたら、おちゃらけちゃって、
ああいう発言をしてしまうのだろうか?

最近、思うこと。
結局、政治家も役人も、
誰がなっても、誰がやっても、粛々と同じことを繰り返す。
若い世代、次の世代に、引き継がれていくだけだ。
違うことはやらない。
きっと、だから人間なんだろう。
人間だから”こう”なんだろう。

民主党、驕るなかれ!

にっぽん、ちゃ、ちゃ、ちゃ。
[PR]
by l-cedar | 2010-11-21 07:43 | 民主党、驕るなかれ!

草原の椅子

「草原の椅子(上・下) 宮本 輝 著 新潮文庫」を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆☆☆★


  米治郎の推薦度、新しい基準を設ける。
   ☆☆☆★ ☆☆☆と☆☆☆☆の間
   ☆☆★  ☆☆と☆☆☆の間

もう、☆☆☆☆にしても良いと思っていた。
上巻を読み終えたときは、間違いなく☆☆☆☆だった。
でも、下巻を読み進めるうち、”☆☆☆☆”が
”?”になってきた。

その理由は、主人公の年齢だ。
主人公、遠間憲太郎、50歳。
そして、副主人公と言うべき、
冒頭で主人公の親友になる同世代の富樫重蔵。
かたや、23年連れ添った妻と離婚したばかり、
カメラメーカーのサラリーマン。
かたや、中学しか出ていない関西一円の
ディスカウントカメラチェーンの社長。
その二人が親友の契りを結ぶ。

年齢的に、彼らの思うところは、非常に”好感”が持てる。
たぶん、私と同世代だからと思う”好感”だろう。
だが、他の世代が読んだら・・・。
そこで、今回は、新しく設定して、
”☆☆☆★”にした。


米治郎が勝手に考えて分類すると、小説には、
”エンターテイメントもの”と”そうでないもの”がある。
”そうでないもの”の多くは、人生の教訓、人間の素晴らしさ、
人間の愚かさ、惨めさ、などの同じ人間としての気持ちに
共感させるものが多い。誤解のないように付け加えるが、
”エンターテイメントもの”でも人生の教訓、
人間の素晴らしさ、人間の愚かさ、惨めさ、などの同じ人間としての
気持ちに共感させるものだ。
しかし、”エンターテイメントもの”は、”江戸もの”などの
”時代もの”であったり、”警察もの”であったり、と、
必ず、楽しませるための”職業”や”時代”があるが、
”そうでないもの”はそういうものがない。
米治郎は、それが好きで、”エンターテイメントもの”小説を読む。

しかし、宮本輝さんの小説は、明らかに後者の部類に入る。
※宮本輝さんの作品をすべて読んだわけではないので
 一概に言えないが、今まで読んだものはそうだった。

米治郎が”そうでないもの”の分類にはいる作家さんで、
安心して読める数少ない人のうちの一人だ。

登場人物に言わせるセリフが深い。

まず、物語は、
「あなたの瞳の中には、三つの青い星がある。一つは潔癖であり、
 もうひとつは淫蕩であり、さらにもうひとつは使命である」

いきなり、最初からガツンと来た。
主人公も言っているが、”潔癖”、”淫蕩”は理解できる。
しかし、”使命”とは?・・・

自問してみる。
「米治郎、お前の使命はなんだ?」
「うーんと、えーと、うーんと、えーと、うーんと、えーと???」

そして、
「いつだったかな、ずいぶん前だよ。『人情のかけらもないものは、
 どんなに理屈が通っていても正義ではない』って。俺は欧米人が
 江戸末期の日本に運んで来た思想は、すべて『理』であって、
 『情』というものは、なにひとつなかったんだって気がするんだ。
 制度、法規、武器、戦略、哲学・・・・・・・。日本人はそれを
 『知』だって勘違いしたんだ。でも、どうも『知』じゃなかった。
 ただの『理』だったんだ。黒船来航のあとは第二次大戦。その
 間の何十年間に、日本は古来からの『知」を西洋の『理』で
 撹乱されて、ついには『情』を忘れた。~~~後略」

「人情もかけらもないものは、
       どんなに理屈が通ってても正義やおまへん」

そう、『理』ではなく、『義』、『情』である、と
宮本輝さんは小説を通して言っている。
それらが、この日本、無くなってきていると、言っている。
それは、黒船が来て、西洋文明とともに、
『理』が入ってきて、戦争に負けて、
さらに追い打ちをかけてきたと、
主人公たちに言わせている。

まさにその通りだと思った。

日本人はどうしてしまったのだろう?
考えさせられる話だった。

にっぽん、ちゃ、ちゃ、ちゃ。
[PR]
by l-cedar | 2010-11-19 23:45 | 感想文

”ポンパレ”のCM

ポンパレ”のCM、

ボンカレー”に聞こえる。

これが、”ボンカレー”のCMだったら・・・、

3分間待つのだぞ」くらいのインパクトだったと、

思ったのは、米治郎だけだろうか・・・。
[PR]
by l-cedar | 2010-11-17 23:03 | 日々

立候補

米治郎が住んでいるマンション、約180世帯くらいである。
そこに約17年、住んでいる。
ここへ引っ越してきた時に、当時の管理人さんから
新しく引っ越してきた人には、管理組合の理事を
やってもらうことになっていると言われ、
ほぼ強制的に、管理組合の理事になった。
それから、足かけ6年か7年くらい理事をやった。

10年くらい前に、仕事が忙しくなったので、
理事を続けられなくなり、辞めさせてもらった。

その時からずっと続けている理事の人から、

Aさん「高田さん、そろそろ、また理事やってよ」

Aさんは、米治郎がやっていた頃から15年間、
理事をやり続けている。
理事は、理事長以下、10人くらいが定数だが、
今期、理事をやっている人の半分が10年以上、
理事をやっている人たちだ。
残りの半分も、たぶん、5年以上、理事をやっている。

要は、過去、理事をやっている人は、限られてしまっている。
180世帯のうち、理事経験のある世帯は、
30世帯くらいではないだろうか???
ということは、残りの150世帯、理事をやった経験はない・・・。
この現状、酷過ぎる。
管理組合って、180世帯のみんなの集まりだ。
マンションとして、いろいろなルールを決めるところだ。
それと、そのルールを守らせるところだ。
それに対して、住民の多くは、関心が少なさすぎる。
自分たちが住んでいる場所だ。
それなのに、マンションの祭りや、町内会の祭りのくじ、
ちゃんと、参加して、くじも参加する。
そう、権利ばかり主張する。
権利を主張するには、義務も怠らないようにしなければいけない。
それが、民主主義の最低のルールだ。
マンションのことを考えるのは、マンションに住んでいる者にとって、
義務だ。だから、理事をやることも義務である。

”輪番制”。
米治郎、陰ながら、Aさんに言っていた。

米治郎「Aさん、もう、理事って、輪番制でよいのではないですか」
Aさん「そうですね、もう、疲れました」

前期の総会で、来期から、理事は”輪番制”にすることが
承認された。でも、定員の半分だけだ。
だから、今期は、
”立候補した理事だけ”の管理組合理事の最期だ。
来期からは、半分が輪番制によって決められた理事になる。

Aさん「高田さん、そろそろ、また理事やってよ」

米治郎、計算した。
それに、Aさんに「輪番制を提唱した」責任もある。
来期、理事をやっておけば、輪番制で、回ってくるのは、
ずいぶん後回しになる・・・。

米治郎「Aさん、わかりました、やります」
Aさん「では、次回の理事会で、高田さんがやると言ったことを
    伝えますよ」

先日、エレベーター前の管理組合の掲示板に、

「管理組合理事、立候補者氏名の報告
 高田さん、丸丸さん、△△さん、◇◇さん、以上、
 4名の方が管理組合理事に立候補されました。
 ありがとうございます」

って、貼ってあった。

「えー、これって、立候補だったの???
 Aさんから頼まれて、仕方ないから承諾したのに・・・、
 立候補って言うと、自分から、『やります』って、
 手を挙げたみたいじゃん・・・」

でも、きっと、便宜上、手を挙げたことにしたいのだろう・・・。

自分からは、手なんか、挙げないぜぇーーーーー・・・・・。

トホホ・・・・・。

まあ、良いかっ。
[PR]
by l-cedar | 2010-11-14 14:56 | 日々

京マチ子の夜

先日の、”菊地成孔とペペ・トルトメント・アスカラール”。
何曲か演奏された中で、米治郎が一番良かった曲、
”京マチ子の夜”だった。
菊地さんのMCにもあったが、ストリッパーを
イメージした曲とのこと。
哀愁を漂わせる菊地さんのサックスが絶妙である。

そのPVっぽいものをYouTubeで発見。
エロくて、意味深な感じで、つい見てしまうが、
曲をよーく聞いて欲しい。

”京マチ子の夜”


※ YouTubeの楽曲の使用許可に関して
 YouTubeで、「注意 この動画の音声トラックは、
 すべての著作権保有者による使用許可を得ていないため
 無効になりました。」と、ある日突然、音が出なくなる
 動画があります。
 ”高田米治郎の感想文”では、記事をアップした時点で、
 ちゃんと、音が出ているものをチョイスしていますが、
 その後、「注意 この動画の音声トラックは、
 すべての著作権保有者による使用許可を得ていないため
 無効になりました。」と、いうことで、
 音が出なくなることがありますので、ご承知おきください。


男女の哀愁、漂った・・・。
[PR]
by l-cedar | 2010-11-10 11:15 | 音楽

Bicycle Race

ご存知、”Queen”の”Bicycle Race”

本当は、”自転車ネタ”ですが・・・。



※ YouTubeの楽曲の使用許可に関して
 YouTubeで、「注意 この動画の音声トラックは、
 すべての著作権保有者による使用許可を得ていないため
 無効になりました。」と、ある日突然、音が出なくなる
 動画があります。
 ”高田米治郎の感想文”では、記事をアップした時点で、
 ちゃんと、音が出ているものをチョイスしていますが、
 その後、「注意 この動画の音声トラックは、
 すべての著作権保有者による使用許可を得ていないため
 無効になりました。」と、いうことで、
 音が出なくなることがありますので、ご承知おきください。


これ、確か、オリジナルのPVではないでしょうか・・・。
革新的というか・・・、エロい・・・。

携帯の自転車仲間からの着信音は、もちろん、これ。
[PR]
by l-cedar | 2010-11-09 23:08 | 音楽