高田米治郎が”日々”の出来事や読んだ本について感想文を書きます。


by l-cedar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

朝青龍のガッツポーズ

皆さん、昨日の大相撲秋場所千秋楽の横綱同士の楽日決戦、
そして、優勝決定戦、見ただろうか?

まず、千秋楽の最後の横綱同士の取り組み、朝青龍が全勝を掛け、
白鵬が、それに待ったを掛ける一戦だった。
結果は、白鵬の目にも留まらぬ速い攻めで一気に朝青龍を
土俵際まで押し込み、あっという間に、朝青龍は、押し出され、
ダメ押しの投げだった。

そして、優勝決定戦、白鵬の速い攻めを抑える朝青龍の四つを目指す
まわしへの速攻、そして、それに対する白鵬の巻き返し、
あの速い攻めの攻防、たいへん見応えがあった。
結果は、朝青龍の勝ちで優勝を決めた。

特筆ものは、優勝決定戦の両横綱の立会いの速さだろう。
相撲史上、最速の立会いの速さではなかったではあろうか?
あの速さは、日本人には無理ではなかろうか?

十両以上、そして、幕内力士、モンゴルの方たちを始め、
外国からやってきた方たち、彼らを抜きにして、
すでに、今の大相撲は成り立たない。

昨日、朝青龍、優勝決定戦で、白鵬に勝って、
”ガッツポーズ”をしてしまった。
これ、米治郎はすごく好感を持った。
人間として、勝った喜びを素直に表現した。

横綱の風格、品格、これで、また、議論を呼ぶと思った。
案の定、あの”内おばさん”、文句をつけた。
朝青龍、確信犯だ、しかし、なぜいけないのか?

先も述べたとおり、外国の方たちに頼らざるを得ない大相撲、
あの”ガッツポーズ”、実にかっこよかった。
他のプロスポーツに比べれば、すごく控えめな”ガッツポーズ”だった。
あれを、かっこよいと思う子供たちが居ると思う。
相撲をやっていて、将来、横綱になって”あれをやってみたい”と、
思う子供がいたと思う。

時代は変わってきている。
日本の中で、政治、経済、生活、色々なものが変わってきている。
柔道を始め、空手、剣道、合気道などの日本古来のスポーツ、
外国の方たちにやってもらって、国際化した。
オリンピックで、柔道、金メダルを決めたとき、
皆、ガッツポーズをしただろう。
あれが良くて、なぜ、大相撲はいけないのか?
歌舞伎も狂言も浄瑠璃も、現代に通じる出し物をしている。

力士の方たちには申し訳ない言い方だが、
所詮、見世物小屋の”見世物”だ。
なぜ、風格や品格ばかり先んずるのか?
そんな大袈裟なものなのか?大衆の見世物だ。
見る人あっての”見世物”だ。
勝った喜びを身体で表現しては、なぜいけないのか?

そして、後世に伝えるためには、
見る方だけではなく、やってもらう人、
つまり、大相撲へ入ってもらう人も
作らなくてはいけない。
今の人たち、面倒なことは嫌いだ。
昔の”男は黙ってなんとかビール”は通用しない。
外国人を集めるだけではなく、日本人も集めないと、
国技に甘んじていられなくなる。
これらのことを、大相撲にかかわっている人たちの中に
どれだけ、考えている人がいるのであろうか。

”内おばさん”の文句、大相撲に注目を集めるため、
そこまで考えての朝青龍への文句ならすごい。

が、あまり酷いと、それも飽きられる。

だが、”内おばさん”、単に・・・、
昔の大相撲の面影を抱いているだけのように見える。

世の中、思った以上のスピードで進んでいる。
世間が追いつかないのか?

にっぽん、ちゃ、ちゃ、ちゃ。
[PR]
by l-cedar | 2009-09-28 23:19 | 日々

ありがとう

あなたが我が家の一員になったのは、18年前の9月でした。
その時は、本当に小さかった、まさに手の平サイズでした。
しかし、気性はしっかり猟犬であるミニチャーピンシャーでした。
その容姿から、また、毛色もミニチャーピンシャーでよくある
ドーベルマンのような黒茶ではなく、タン一色だったので、
チワワに間違えられました。
その度に、お父さんは、「あなたはそんな弱い犬とは違うんだよ」
と、心の中で、その人たちに言っていました。

c0003409_384520.jpg


走るのも、本当に速かった。そして、散歩が大好きでしたね。
でも、今は申し訳なく思います。
週末しか、散歩に連れて行きませんでした。
でも、散歩に連れ出すとき、抱いていると、「早く下ろしてくれ」と、
暴れて、下に降ろすと、悲鳴に近い声を出しながら、鳴きながら、
走っていくあなたの姿は、今も、印象深いですよ。

そして、お父さんとお母さんが申し訳なく思ってること、
二つあります。

一つは、あなたを妊娠させなかったことです。
その所為で、あなたは、子宮、乳腺をダメにしてしまい、
結局、手術をして、それらを取りました。

c0003409_394727.jpg


もう一つ、それは、あなたから視覚を奪ってしまったことです。
黒目が白濁していることに、気がつくのが遅すぎた。
そして、ハミーも、眼のお医者さんになかなかたどり着けず、
たどり着いたときは、手術しても、視覚の復活は不可能でした。

あなたは、間違いなく、私たち家族の一員でした。
あなたが居てくれたお陰で、お父さんとお母さんは離婚の危機を免れました。
あなたの匂い、凄く良い匂いでした。

c0003409_363016.jpg


先日、あなたを高尾山で土に返しました。
お母さんの友達で、霊験あらたかなAさん、
その人が、あなたに話しかけて、
あなたが、すぐに、生まれ変わりたいことがわかりました。
それには、あなたの遺骨を土に返すことが先決でした。
家族4人で、高尾山へ行き、あなたとお別れして来ました。

c0003409_355132.jpg


お父さんは、あなたにいつも言っていましたよね。
「生まれ変わったら、人間として、生まれ変わって来い」と、・・・。
でも、その方曰く、犬は、人間に生まれ変われないそうです。
でも、犬から人間に生まれ変わってきてください。

そして、もし、会えるものなら、どこかで、会いたいですね。


あなたのことは絶対に忘れることができません。

プティ、ありがとう!

c0003409_34525.jpg

[PR]
by l-cedar | 2009-09-25 21:01 | 日々

データ通信カード問題

ある方が、”データ通信カード問題”で悩んでいらっしゃる。
D社のデータ通信カードをT社の今流行の小型モバイルパソコンとともに
購入された。このパソコンのOSはWindowsXP、そして、元々、
モバイル用として、P社のノートパソコンを持っておられた。
こちらのOSは、WindowsVistaである。
そして、先の持っていたP社のVistaノートには、今まで、
使っていたアプリケーションが入っているが、今回購入した、
T社のXPモバイルには、インストールできないものもある。
当然、長い旅行には、普段使い慣れたアプリケーションが
入っているP社のVistaノートを持っていきたい。

しかし、このP社のVistaノート、D社のデータ通信カードの接続が
うまくいかないらしい。

そこで、米治郎、「D社のデータ通信カードのソフトが最新の
ものか調べてみてはいかがですか?」と、コメントさせていただいた。

ところが、昨晩、書き込んで、寝床で、ふと考えてしまった。
原因は、D社のデータ通信カードのソフトだけではなくて、
P社のVistaノートのソフトの可能性もあるのではないか・・・。

追加でミクシィに書き込むことを考えたが、あまり連続で書き込むのも
ご迷惑と思い、自分のここで、書くことにした。

パソコン、今は、誰でも普通に使っている。
ビジネスには欠かせないツールである。
今、みんなが使っているものは、古い言い方で申し訳ないが、
所謂、”IBM互換機”という種類のパソコンだ。
ビデオや、DVD、いろいろな方式があって、淘汰され、市場が今の方式に
統一されたように、パソコンも、各メーカーで違ったものは嘗てはあったが、
淘汰され、”IBM互換機”が残った。

この方式、CPUは、インテル、メモリーもほぼ共通、OSはWindowsと、
皆同じであるように、一見、見える。
ところが、パソコンのハードの部分と、OSであるWindowsを繋ぐソフトの
部分、実は、各メーカー、皆、違う。
ここは、各メーカーにとって、命綱の部分である。
今回繋がらなかったのは、ハードウェアであるデータ通信カード、
ゆえに、データ通信カードのソフトよりパソコンの方で、
データ通信カードを認識する部分の方に、問題があるような気がしてきた。

パナソニックダウンロードセンター

もし、私の稚拙なブログをお読みいただけたら、お試しください。
[PR]
by l-cedar | 2009-09-25 07:01 | 日々

人間ドックと飲み会

9月18日、今日は人間ドックだった。
去年の10月から自転車始めて、11ヶ月、
去年の人間ドックから1年、実は結果が楽しみだった。
米治郎の会社は、所謂ソフトウェア会社である。
健康保険組合は、関東ITソフトウェア健康保険組合という
健保組合に加入している。この健保組合の健診センターが
都内に山王と大久保の2箇所ある。米治郎は、自宅から
近いので、大久保へ行く。朝、8時半から8時50分の受付、
この人間ドック、1万円、会社で負担してくれる。健診センターには
それぞれ、レストランが付随している。山王は和食、大久保は中華だ。
人間ドックをやると、昼食がついてくる。人間ドック当日は朝食は
ご法度だ。だから、昼食がつく。

さて、前から、人間ドックの予約を取るのはたいへんだが、
今年も、会社で去年の人間ドックが終わって今年の予約を
入れてくれていた。受付を済ませて、健診ウェアに着替えて、
待合室になっているホールへ行くと、3,40人待っている。
待つ時間のほうが長かったが、レントゲン、血液検査、
心電図、聴力、視力、血圧、眼底眼圧、尿検査、身長体重と、
待たされながらも、順調にすすんだ。そして、内科医による診察、
米治郎、バリウムが苦手だ。それを事前の問診表に書いておいた。
すごく感じのよい笑顔がチャーミングな白髪の女医さんだった。
看護士(女性)によるメタボ健診の胴回りの測定、83cmだった。
そりゃ、最近、スーツのズボンを始め、すべて、ゆるくなった。
その女医さん、たぶん、米治郎より5歳は上だろう、ニコニコしながら、

「落としてきましたね」

最高の褒め言葉だった。

そして、人間ドックが終わり、中華の定食をいただいた。
たぶん、普通で食べたら、1,500円から2,000円はする。
美味しくいただいた。



夜、今日はナオコバさんとkozoさんとの飲み会。
二人に米治郎に会社がある御徒町まで来ていただいた。
場所は、天正にした。ここのアナゴは絶品である。
だが、あまりきれいな店ではない。しかし、ここのご主人、
ホームページにあるように、本当に、朝の5時前から仕込みをしている。
米治郎、ある日、6時の新幹線の出張、会社に忘れ物をしたのに気がついた。
当時は、この店のそばに会社があった。山手線始発に乗って、
5時前に、この店の前を通ると、明かりがついていて、
ご主人がせっせと仕込みをしている。そういう真面目な店だ。
その一番の売りが、アナゴ、タレで食べても、塩で食べてもうまい。
そして、新鮮だからこそのアナゴの肝、酒のつまみにうまかった。
3人で楽しい話に花が咲いた。たらふく食べて、たらふく飲んだ。
楽しい酒だった。また、やりましょう。
[PR]
by l-cedar | 2009-09-19 22:22 | 日々

銃口

「銃口(上・下) 三浦 綾子 著 角川文庫」を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆☆

面白いとか、面白くない、と言う次元ではなく、すごく”良い話”だ。
米治郎、”嫌いな奴は大嫌い”という生き方をしてきた。
50を過ぎた年齢で今更変えられないが、
非常に損な生き方をしてきた。
これを読んで、つくづく、そう思った。
「どうしたらよいか迷った時は、自分に損になる方を選ぶといい」
人を信じる、愛する人を信じる、愛する人を待つ、あの戦争のさなか、
そう信じたからこそ、生き延びることができた。

主人公の北森竜太、旭川の質屋、北森質屋の長男、父の政太郎、
母のキクエ、姉の美千代、弟の保志の5人家族、
昭和のはじめ、級長の竜太は3年生、大正天皇の御大葬を
綴り方に書けと、担任の河地先生から宿題が出され、
その日の朝、雪で濡れた足が冷たかったと書き、
頬を殴られ、居残りで、書き直された。

そして、4年生になって、竜太の人生を
左右する坂部先生が担任になった。
坂部先生のもと、夕張からの転校生、その後、
将来を誓い合う運命の女性、芳子と出会う。
いつしか、坂部先生のような先生になりたい、
と、先生を目指す。
中学校になって、父と店の番頭の父親が具合が悪いので、
見舞いに行ったその納屋で、タコ部屋から脱走した
朝鮮人、金俊明を匿う。彼は、その後、竜太の命を救う。

師範学校を卒業して、炭鉱の町、幌志内の小学校に赴任する。

札幌へすでに先生になっている芳子と綴り方の研修へ行った。
それが、竜太の運命を狂わせた。日本は戦争への坂を下り始め、
治安維持法による言論統制が始まっていた。逮捕され、7ヶ月
拘留され、教師の職も取り上げられたが、芳子は待っていてくれた。
結婚を決めるが、そこへ追い討ちをかけるように召集される。

これでもか、これでもかと、竜太に悲惨なこと、不幸なことが起こる。
しかし、それを純真な気持ちを持って、乗り切っていく。
下巻の最後の方、金俊明との再開のシーン、電車の中で読んでいて、
危うく、頬を涙が伝わるところだった。

芳子の言葉、「あなたがあなただから結婚したいの」心に残った。
[PR]
by l-cedar | 2009-09-17 22:54 | 感想文

やよい-限定おじゃこ

今日は、京都へ日帰り出張だった。
帰路、お土産を漁りに、JR伊勢丹地下1階へ。
やよい”京都への度重なる出張で、たどり着いたおじゃこ屋さんだ。
一昨年、東京新宿の伊勢丹へ出店して、東京進出を果たした。
それで、京都土産ではなくなった。
東京で買えるのだから、京都土産ではない。
しかし、ここの”おじゃこ”は逸品だ。
グチョグチョしていない、さっぱりあっさりしている。

さて、今日の出張で、限定品をゲットしてきた。
一昨年、今度来た時に買おうと思って、翌週に京都の
伊勢丹の”やよい”に来たら、もうなかった。
去年は、買いそびれた。東京店でも売っていなかった。

本当に、2週間くらいしか売っていない品だ。
”甘とうがらしおじゃこ”
c0003409_2137051.jpg


c0003409_21445069.jpg


”伏見とうがらし”というものが入っている。
京都では、ピーマンみたいな色の”万願寺とうがらし”が有名だ。
舞鶴が産地の京野菜だ。
しかし、”伏見とうがらし”は知らなかった。

熱々ご飯にかけて食べてみる。
いつも食べている山椒とあわせた”おじゃこ”とは、違う味わいだ。
山椒とおじゃこがよく合うように、違うものだが良く合う。
ご飯がすすむ、すごく美味しい。
この時期限定の逸品だ。
ああ、これ、日本人しかわからないだろうな。

新宿伊勢丹地下1階の東京店では、9月22日から発売である。
売切れ次第終了だ。
[PR]
by l-cedar | 2009-09-15 21:45 | 日々

ショーシャンクの空に

DVD「ショーシャンクの空に」を見た。

米治郎の推薦度 ☆☆☆

あまり期待していなかった。
だって、TSUTAYAで100円だもの。

最初の出だしは、何の期待もなかった、”時間つぶしか”、だった。
しかし、主人公の”ティム・ロビンス”が刑務所に入って、
看守長に意見したところから変わってきた。

人間、やればできる、世の中を変えられる。
当時のアメリカの刑務所がどんなところか良くわかったし、
自分を信じていれば、何事も叶う、良くわかった。

”すっきり”した。
この一言に尽きる。
[PR]
by l-cedar | 2009-09-12 21:29 | 感想文

東京ダモイ

東京ダモイ 鏑木 蓮 著 講談社文庫」を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆

鏑木蓮さん、初めて読む作家ある。
出張先の名古屋で、”聖獣配列”が下巻の後半にさしかかり、
次に行く地の舞鶴では、本屋が遠く、これは、何か買っておかないと、
読むものがなくなってしまうと、必死に探して、偶然手に取った本だ。
講談社文庫の8月の新刊で、これから行く舞鶴が偶然、舞台になっている。
さらに、シベリアの捕虜の話、最初少し、読んでみて読みやすい文章、
こりゃ、ドンピシャ、買うしかないと思い、買った。
やはり、舞鶴へ行く途中、”聖獣配列”は読み終えてしまい、
読み始めた。こりゃ、面白いと、どんどん読み進めた。

舞台は、シベリアの第53俘虜収容所、想像を絶する厳寒の地獄の地だ。
高津2等兵は、自分の役目である水を汲みに行く途中、
上官の鴻山中尉の首なし死体を発見する。
それが始まりだった。
舞台は、現代に、自費出版社の営業、槙野は、300万で
俳句集の出版をしたいという高津という老人の依頼で、
その老人が住む綾部を目指していた。
同じ頃、舞鶴西港で、ロシア人老女の死体が発見される。
舞鶴署に現れた高津老人は、姿を消す。

本書は、第52回江戸川乱歩賞受賞作品である。
鏑木蓮さん、相当の乱歩フリークであり、卒論は、
”江戸川乱歩論”、江戸川乱歩賞受賞など本望であろう。
さて、その受賞作品であるから、たいへん質感のある
すばらしいミステリーで、読み手は読み始めて、
すぐにそのゴールに向かっていることを知るが、
”シベリアの首なし死体”、”舞鶴港のロシア人老婆の死体”、
そして、高津という老人、俳句集、これがどう繋がってくるかが
この小説のキモであり、それがゴールである。

物語の舞台が”綾部”、”舞鶴”とまさに米治郎的に、
”旬”な場所であったので読み浸ってしまったが、
”2時間ミステリードラマの題材として”、といえば、
その内容はわかっていただけるだろう。
出版社の営業、槙野とその上司の晶子の男と女のやり取りも
物語の進行に華を添える。
現代の舞台で第2、第3の殺人が起こり、それが
シベリアの殺人と繋がっていく。犯人は意外な人物だった。

まさに、”2時間ミステリードラマの題材として”、定番である。
舞鶴出張からの帰りの特急、新幹線と、全く寝る間を惜しんで
読み終えてしまった。”☆”は厳しすぎたかも・・・。
[PR]
by l-cedar | 2009-09-12 06:53 | 感想文

聖獣配列

聖獣配列(上・下) 松本 清張 著 文春文庫」を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆☆

”球形の荒野”に続く松本清張である。
言わずと知れたミステリーの大家である。長編ミステリー傑作選として、
復刻版が次々に発売され、これもそのひとつで、第5回配本だ。

この話の舞台は、そう古くない。
銀座のクラブ、雇われママの可南子は、若い頃、当時働いていた
赤坂のクラブで、その当時、米上院議員だったバートンから見初められる。
バートンは、その後、大統領になり、
日米首脳会談のため訪日することになる。
その宿泊先である迎賓館に彼女は呼ばれ、一夜を共にする。
早朝、目が覚めると、バートンはベッドにおらず、
スナップ写真をとるために持ち込んだカメラを持って廊下に出ると、
バートンと磯部首相ら5人がこちらにやってくる。慌ててシャッターを切る。
それは、日米首脳の秘密会談だった。
それをネタに、バートンを脅し、巨万の富を得る。
さて、その秘密会談は・・・、その5人のうち、お互いの通訳を務めた
米側と日本側の人間も殺されてしまう。
ヨーロッパを舞台に、そのからくりが次々に暴かれていく。

さすがに松本清張である。
少し、筋がわかりにくい部分があるが、ちゃんとあとで補ってくれる。
さらに、話の調子が良く、どんどん読んでいける。
スイス銀行というのは、2種類あって、所謂隠し財産の口座を作るのは、
”個人銀行”と呼ばれる種類の銀行で、ナンバー口座という番号を言わないと、
たとえ本人でも引き出せないという口座があることなどスイス銀行の
仕組みが書かれ、そんなことに全く縁のない凡人にも楽しめる。
ちょうど、ロッキード事件が表沙汰になる前に書かれた小説で、
その着目点がすばらしい。

松本清張の話で、主人公がある意味、”悪者”だと、最後は
勧善懲悪に決まっているが、さて、この話の結末は・・・。
[PR]
by l-cedar | 2009-09-12 06:20 | 感想文

祝!来港

c0003409_1842946.jpg

東舞鶴港は、戦前から日本海の守りの要で、海軍の鎮守府が置かれ、
戦争直後は、”岸壁の母”で有名であるが、大陸からの引揚者が
日本へたどり着く港だった。
現在も海上自衛隊の北の守りの要でイージス艦が配備されている。
c0003409_1842930.jpg


西舞鶴港は商港で、日本海側では、新潟港に次ぐ規模である。

米治郎、ほぼ毎月、東舞鶴への出張がある。
港は日本海の守りの要であるが、街は、人口も少なく、
京都から特急が出ているが、いつもそう混んではいない。
東京からだと、新幹線でその特急にのりついで5時間かかる。

そんな舞鶴が、一気に活気だつ時がある。自衛隊艦隊の入港だ。
街は一気に活気に溢れる。タクシーは皆、旧海軍旗をはためかせ、
商店街や夜の店は、”祝来港”と来港を歓迎する。特に週末の夜は、
訓練から開放された隊員たちが夜の街に繰り出し、タクシーはつかまらないし、
その手の店は自衛官で溢れるらしい。お金が街に落とされる。
これといった観光施設がないので観光客は期待できない街が活気づく。

そんな自衛隊の街から、帰ってきた米治郎である。
[PR]
by l-cedar | 2009-09-04 22:48 | 日々