高田米治郎が”日々”の出来事や読んだ本について感想文を書きます。


by l-cedar
カレンダー

<   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ママの狙撃銃

「ママの狙撃銃 荻原浩著 双葉文庫」を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆☆☆

誠に申し訳ない。このブログの”タイトル”としたつもりの
”本の感想文”、ここのところ、全く書いていなかった。
刑事鳴沢了シリーズの第1巻の”雪虫”以来全く書いていなかった。
その後ももちろん本は読み続け、刑事鳴沢了シリーズはもちろん、
最終刊まで読んだ。さらに色々読んでいるが、ブログで感想文を書く
のが面倒になっているうちに、さらに次々読み続け、
感想文を書いていない本が貯まってしまい、いい加減、嫌になった。
まあ、その本たちには申し訳ないが、気持ちをリセットして、
”荻原浩”氏の”ママの狙撃銃”だ。

荻原浩さん、渡辺謙が感激して、直接、荻原浩氏に
頼んで映画化を実現した若年性アルツハイマーをテーマにした
”明日への記憶”の作者である。米治郎と同じ大学で、
しかも1956年生まれで米治郎と1歳違い。
4浪以上していなければ、大学で会っているわけで、
”荻原浩”という名前、たぶん、ペンネームであるから・・・、誰なのか?
あっ、米治郎、体育会以外の人はわからない、いや、知らない。
作家になったなどと、米治郎の周りにはありえねぇー(古っ)。

”ありえねぇー”といえば、この”ママの狙撃銃”、家計的に無理して、
有名私立女子中学に通わせている中学1年生の長女、珠紀と
”イヤン・ソープ(幼稚園児だから”イアン・ソープといえない)”が
ライバル、砂場だろうがどこであろうが泳ぎの練習をする
破天荒幼稚園児の長男、秀太、そして、建売の一軒家を買ってローンで
キュウキュウの愛する夫、孝平、その一家4人家族のママ、福田曜子が、
実は優秀なスナイパーという設定。

この題名と、裏表紙のあらすじにつられて、読んだ。
この破天荒幼稚園児、秀太などや夫、孝平への曜子の気持ち、
家族の行動の描写が実にほのぼのと描かれ面白い、
コメディーなのかサスペンスなのかわからないが、
家族の絆など、訴えるものは大きい。
たいへん、後味の良い面白い話だった。
[PR]
by l-cedar | 2008-10-26 21:49 | 感想文

28回目の結婚記念日

10月23日、28回目の結婚記念日だった。
しかし、当日は、朝から一泊で舞鶴出張。

一昨年、結婚記念日を忘れた。
自分はそんなことはないと思っていたが、
全く、忘れた。その時は、奥さんに心から謝った。

今年は、忘れていたわけではなかったが、どうしても
先方の理由で、この日に出張しなければならなかった。

前日、帰宅する時、赤いバラの花束を買って帰った。
大塚駅の花屋が品物が良く、以前から時々お世話になっていた。

米治郎「はい、マイナス18本」
奥さん「えっ、ああ、10本だから、マイナス18本ね」
米治郎「そう」
奥さん「去年忘れたから」
米治郎「去年じゃないよ、一昨年」
奥さん「ありがとう」

28年前のあの日、まだ、鮮明の覚えている。
[PR]
by l-cedar | 2008-10-25 21:37 | 日々

たらい回し

また、妊婦が犠牲になった。
7病院をたらい回しにされたそうだ。
それらの病院は、東京都心の名だたる、誰でも知っている
超有名病院ばかりだ。菊じいが先日入院していた病院や、
信濃町の病院などだ。その発端となったのは、都立墨東病院。
石原都知事が救急医療の最前線基地、”東京ER”として
見直した都立病院だ。

米治郎、これって、実は日本にとってたいへんなことだと思う。
と、いうのは東京で助からなかったということは、日本どこでも
助からないということだ。
東京は、誰でもわかるように日本の先端医療の中心だ。その東京で、
たらい回しにされた挙句、助けることができなかったのだから、
それ以下である東京以外の日本中どこでも助かることはない。
なぜ、こんなことが起きてしまうのだろう。
これは、すべて、政治、行政の責任だ。

今、医学部の狭き門が、少し広がるらしいが、
これから医者を増やしても、すでに遅い。
もちろん、何もやらないよりは良いが、
いつもこの国の政治、行政はその場しのぎだ。
何でも、出たとこ勝負。いつもこの国は、歴史から何も学ばない。
この百年余り、先人の教えを後世に伝えようとしない。
明治維新ありき、戦後ありき。だから、文化や文明は進歩しても
政治と行政はちっとも進歩していない。

以前に、”お上”という言葉がなくならない限り、
この国は良くならないと言った。
”親方日の丸”、役人になれば、国は絶対につぶれないから失業しない、
という例えで、さらには、”クビ”にならないという意味もあるが、
この考えも、役人を助長させる。
役人は、国民に対するサービス業だ。そのサービスによって、
評価されるべきだ。その仕事に対して、”お上”、”親方日の丸”などと
いう言葉が存在して、どんなに仕事をしなくても”クビ”にならない。

先日、日本テレビの”太田総理”で、”国会議員と官僚に冬のボーナスを
カット”法案が可決された。
政治家は、選挙で信任されると考えれば、役人もその仕事によって、
信任されるべきである。百歩譲って、国民が官僚の仕事ぶりを監視する
制度があっても良いと思う。
官僚、役人はその仕事ぶりによって給料が決まる制度で、
官僚はその仕事ぶりを国民が評価する。そして、自分の給料が決まる。
サービス業なのだから・・・。

まあ、こんなことは絶対に無理か・・・。

にっぽん、ちゃ、ちゃ、ちゃ。
[PR]
by l-cedar | 2008-10-22 23:47 | 日々

10,000アクセス

みなさん、ありがとうございます。

おかげさまで、”高田米治郎の感想文”、
10,000アクセスを超えました。
コツコツと拙い文章で、地味にやっていますが、
愛読してくれている皆様、いつもありがとうございます。
これからも、変わらずにやっていきますので、
相も変らぬお引き立てを賜りますようお願いいたします。

50歳になって米治郎が始めた自転車、クロスバイク、
米さんのチャリンコ日記”の方もよろしくお願いします。
[PR]
by l-cedar | 2008-10-21 23:10 | 日々

人間ドック

米治郎、今日は人間ドックだった。
米治郎の会社は、ソフトウェアの会社ということは、
以前にここで書いたが、ソフトウェア業界の健保組合があり、
米治郎が今いる会社もそこに所属している。
ソフトウェア業界、他の業種に比べると平均年齢が圧倒的に低いので、
この健保組合、お金持ちである。平均年齢が低いから、
入ってくるお金(保険料)の方が、出ていくお金(医療費等)より多いのだ。
だから、施設にお金を使って、設備が充実している。

都内に3箇所ある人間ドック用の専用施設には、それぞれレストランが
併設されていて、人間ドック後は、そこでの昼食がセットになっている。
3箇所とも、いつも満員で、予約を取るのがたいへんで、半年~1年前
くらいに予約をする。

3週間前に送られてきたいた問診表に自転車を始める前に記入していた。
しかし、昨日、”運動は全くしていない”を”運動を始めた”に修正した。
検便の容器も入っている。今回から2回取らなくてはいけないので、
二つ入っていた。
余談だが、この検便容器を作っている会社、儲かっているのでは?
といつも思う。たぶん、独占企業ではないか?

8時半に受付をする。検査着に着替えて、待っていると、名前を呼ばれた。
たくさんの人が同時に始めるので、人によって、やっていくものが違う。
米治郎は、まず、”胸部レントゲン”で呼ばれた。次は血液採取、
そして、心電図、聴力検査、身長体重、視力検査、
視力検査が問題だった。眼鏡をかけた方が裸眼より悪かった。
眼鏡が合っていなかったのはわかっていたが、眼鏡の度数を変えると、
その眼鏡に慣れるまで、目が回って、気持ち悪くなるのが、いやで
ここ何年かずっと、度数は同じままである。
そして、眼底検査、眼圧検査、検尿、超音波検査、問診、
最後は、大嫌いな”胃部レントゲン”、そうバリウムである。
このバリウム、昔に比べたら美味しくなったが、やはり嫌である。
米治郎、バリウムがすぐに下から出てしまう。前に酷い目にあった。
今日も、その後の食事後に施設を出る前に出た。

その食事、米治郎がやった施設は、中華レストラン、去年もここ、
米治郎の家から一番近いのでここにしたが、もう一つの理由は、
この中華料理が美味しいからだ。おかずが3品で、ご飯とスープ、漬物、
デザートがついて、この店の雰囲気なら、1,500円~2,000円の見当だ。
今日は、筍と鶏肉のしょうゆ炒め、海老と野菜の塩炒め、シュウマイ3つ
だった。美味しくいただき、人間ドックを終わった。

結果は3週間後、自転車の成果はもう出るか・・・?
[PR]
by l-cedar | 2008-10-20 23:50 | 日々

菊じい-56

菊じい、無事に退院してきた。
午前中に、隅ばあさん、奥さん、米治郎で、
車で、順天堂まで迎えに行った。
菊じいの部屋へ上がっていくと、
菊じい、まだ、寝巻きのままで洗面所の片づけをしていた。

奥さん「おじいちゃん、片付けやるから早く着替えな」
菊じい「おお、そうか、忘れ物があっちゃいけないからな」
隅ばあさん「目薬とかも忘れないように入れときますよ」
菊じい「そうそう、一番大事なものを忘れたらな」

そんなこんなで、菊じいの1週間の入院生活も終わった。
両目ともすこぶる良く見えるようになって、
ナースステーションの前を通って、挨拶をすると、
看護師さん「退院される前に、お部屋に忘れ物がないか確認しますから
      そちらでお待ちください」
と、言われたので、4人で待っていた。

米治郎「お父さん、目の見え具合はいかがですか?」
と、反対側に座っている菊じいに問いかけると、
菊じい「良く見えるよ」
と、米治郎の背中の壁の張り紙を読み始めた。
全く問題ないようだ。

奥さんと、車を置いて、菊じいの家へ上がっていくと、
菊じいと隅ばあさん、もう二人でけんかをしている。

菊じい「おばあちゃん、ほら、綿ぼこりがあるよ」
隅ばあさん「もう、おじいちゃんたら良く見えるからって・・・。」
菊じい「台所の床に落ちている米粒までよく見えるよ」
奥さん「あまり、良く見えるのも考え物だね」

菊じい、もうすっかり目のほうの心配はないようである。
来週末に、退院後の診察がある。これなら何の問題もないだろう。
ただ、菊じいの場合は・・・。
[PR]
by l-cedar | 2008-10-19 18:49 | 菊じい

男に二言はない

自民党の中山成彬前国交相、こいつ、恥さらしもいいところだ。
9月28日に国交相を就任5日目にして問題発言の責任を取って辞任して、
10月4日に次の総選挙には立候補しないと発言したと思ったら、
16日には、やっぱり出馬する、そして、昨日17日にはやはり不出馬。

国民をなめている、そして、さらには宮崎県民をなめている。
マスコミもこんな奴、相手にするな。

こんな奴が大蔵省の官僚で、さらに国会議員になって、大臣にまでなれる国。

にっぽん、ちゃ、ちゃ、ちゃ。
[PR]
by l-cedar | 2008-10-18 13:41 | 日々

菊じい-55

仕事が終わって、会社へ帰る前に、菊じいのところへ寄った。
手術はうまくいったようだが、今回の右目は、前回の左目ほど
感激がないようだ。目薬を3種類、1日4回点すのは、左目の手術後と同じ。
看護師さんが、毎回、点しに来てくれる。
3種類をいっぺんに点すのではなく、5分おいて点す。
5分間隔で、ちゃんと来てくれる。
前回の時は、すぐに沁みなくなったらしいが、
今回は、沁みてしょうがないらしい。
あまりに酷いので、先生に診てもらった。
すると、今回は、少し皺が残っているそうだ。
だが、それもすぐに消えるので消えれば、痛みも治まるそうだ。

菊じい、病院で、夜は良く寝られるらしい。
左目の手術後もそうだったが、今回も、21時に消灯で、
21時半には寝ていて、4時半までぐっすり、そしてまた寝て、
6時起床で、6時過ぎから朝の検査が始まるが、
いつも看護師さんに起こされるそうだ。
それほど良く寝ている。

病院の食事も美味しくて、つい食べ過ぎてしまう。
まあ、食べ過ぎてしまうと言っても、ちゃんとカロリーを計算して、
出している病院食だから、大丈夫だ。

良く寝て、良く食べて、”健康な”入院患者である。
[PR]
by l-cedar | 2008-10-17 23:36 | 菊じい

菊じい-54

菊じい、右目の手術もうまくいったそうだ。
米治郎、今日は少し遠くまで営業で行って、
戻るのが遅くなったので、病院へ行けなかった。
奥さんも大学へ行く日だったので行けない。
今日は、隅ばあさんだけだった。
奥さんが、電話で少しだけ隅ばあさんから
状況を聞いたが、とにかくうまくいったとのこと。
まあ、簡単な手術らしいから・・・。

明日、行けたら行ってみよう。
[PR]
by l-cedar | 2008-10-16 23:13 | 菊じい

菊じい-53

菊じいのところへ米治郎、昼前に仕事を抜け出し、行ってきた。
この前入院した日は、祭日のせいもあり、
1階に人があまりいなかったが、
今日は、平日で、診療もしているので、すごい人だ。

病棟用エレベーターで病室へ上がり、菊じいの部屋へ行った。
ノックして、部屋へ入ると、菊じいは少しビックリした様子だ。
まさか、米治郎が来るとは思っていなかったのだろう。
手術は成功して、ものすごく良く見えるそうだ。
窓から遠くも良く見えるし、テレビも良く見える、新聞も良く見える。
そして、手術をしてくれたK医師、T医師をはじめ、看護師の人たちも
ものすごく親切で、親身になって対応してくれるそうで、ものすごく
喜んでいる。順天堂の”順天”の意味が良くわかったそうだ。

菊じい、何しろ良くしゃべる。
左目のほうが見えなかったのに、左目のほうが良く見えるようになった、
と、大喜びだ。

明日、右目の手術もするのが、今日、先生から言われ、正式に決まった。
これで、右目も良く見えるようになれば、菊じいの懸念事項が一つ減る。
[PR]
by l-cedar | 2008-10-15 23:35 | 菊じい