高田米治郎が”日々”の出来事や読んだ本について感想文を書きます。


by l-cedar
カレンダー

<   2008年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

SE

”SE”、”システムエンジニア”の略である。

”SE”をうまく表現した、ある人の名言がある。
「人間には3種類ある、”男”と”女”と”SE”である」

米治郎、長年、ソフトウェアの会社に勤めているが、
未だに”SE”という人種がわからない。もちろん、
技術的にはもちろん、人間的にも優れた人はたくさんいる。
一番、厄介なのは、技術的に優れていても、人間的に
変な人が多いことである。しかし、技術的に優れているので
生き残れているのである。しかも、こういう人は、普通の
会社勤めは無理で、一匹狼的にやっているか、会社でも
一般社員とは、離れた待遇でやっている。
さらに、厄介なのは、そういう人を見ている下の奴らだ。
勘違いしているのも多い。こいつらが始末におえない。
こいつらには、共通点がある。

時間を守れない
始業時間に来ない、待ち合わせで約束した時間に来ない、

説明ができない
面倒な相手にはちゃんとした説明をしない

挨拶ができない
出社時、退社時挨拶は基本だが、それができない

始業時間や待ち合わせ時間に遅れたりするのは、
まだ良い方だ。

ある日、米治郎が客先に、これから仕事をしてもらうSEを
紹介するために連れて行くことになった。客先に10時の約束だ。
その会社の最寄り駅に、徒歩10分なので、余裕を見て9時半に
そのSEと待ち合わせた。米治郎は、9時20分に着いた。
9時半になった。まだ、来ない。9時45分、来ない。
とうとう、先方の約束時間の10時になった。
とりあえず、先方に電話を入れる。
そのあと、そのSEの携帯ではなく、自宅に電話をする。
なんと、本人が出てくる。

「何で、家に居るの?約束忘れた?」
「いえ、忘れていません、ちょっと、具合が悪いので・・・」
「何で、会社に連絡しないの?」
「・・・・・・・・・・」

普通の会社は、9時始業が基本だ。まれに”フレックスタイム”なんて
いう会社もある。
しかし、これは会社が就業規則に決めてある場合だけである。
”自分勝手フレックスタイム”という奴も居る。
何しろ、朝9時に来ない。前の晩、終電間際まで仕事をしている。
しかし、遅れてきても、当然のような顔をしている。
米治郎「おい、今何時だ」
そいつ「はい、10時50分です。」
米治郎「始業時間って何時だ」
そいつ「だって、昨日、9時半まで仕事しましたから」
米治郎「それ、残業だろ?」
そいつ「はい、でも、フレックスだから」
米治郎「おい、うちの会社、いつからそんな洒落たフレックスタイムだ?」

これが噂の”勝手にフレックスタイム”



”SE”ってこんなんです。

もっと言うなら、そんなに大したことしてないだから・・・。
なんか、自分で難しかっているだけだから・・・。
誰でもできる仕事だから・・・。
[PR]
by l-cedar | 2008-04-29 22:18 | 日々

おじゃこ-2

おじゃこ
このやよいのおじゃこ、米治郎、目がない。
これがあれば、他に何もいらない、ご飯3杯はいける。

おめぇ、遅いつうの
誰だか知らないが、芸能人らしい。
歌手?
なんて最近言わないか、ミュージッシャン。

でも、おじゃこでは意見があう、
って、向こうは米治郎を知らないか・・・・・・。

おじゃこ、今日食べきって、なくなった。
禁断症状が出ないうちに、また、京都で買ってこなくちゃ。

そう、新宿伊勢丹じゃなくて、京都で。
[PR]
by l-cedar | 2008-04-27 22:19 | 日々

就職

報告が遅くなったが、アキラの就職が決まった。
もちろん、この4月1日から勤めている。
とは、言っても、研修で出ていた歯科医院に
そのまま、院長先生から「4月以降も来てくれ」と、
言われ、「はい」と言って決まったらしい。
元気に毎日、水曜と日曜が休みということも
研修医のときと同じ条件で、行っている。
この歯科医院、と、いうより歯科病院と
いっても良い規模らしいが、その院長先生、
ワーカホリックなのだそうだ。
何しろ、この歯科医院、休みはないどころか正月も
元日からやっている。勤務医を休ませて、そういう日は
院長自ら診察している。毎日、そして誰よりも早く
出てくるそうだ。人の鑑のような人だ。

アキラの就職、米治郎の就職を考えると、実にうらやましい。
米治郎の就職活動(今は”就活(シュウカツ)”というそうな)、
大学4年の10月が解禁日だった。今は、3年になると、
始められるらしいが、28年前はそうだった。
米治郎、何しろ、大学3年までに自慢じゃないが、
恥ずかしい、”優”が9個しかなかった。
それなのに、”経済学部経済学科”、ゼミは”国際経済学”
なので、第1志望、第2志望は、”大手銀行”・・・・・。
”少年よ、大志を抱け”、抱きすぎだった・・・・・。

10月1日、会社訪問、朝早くから、その銀行を訪ねた。
始まると、大会議室に通された。100人以上いる、いや、
もっといたかもしれない。テーブルが設置され、それぞれ
席に座らせられ、アンケートみたいなものを書かされた。
成績を書く欄がある。
左隣には、一番目の橋大学の人、右隣にはKO大学の人。
米治郎、左の人をチラッ、「”優”の数、・・・・・35個」
米治郎、右の人をチラッ、「”優”の数、・・・・・43個」

撃沈。

・・・・・・・・・・銀行諦めました。

そして、巡り巡って、自動車のセールス。
[PR]
by l-cedar | 2008-04-27 21:00 | 日々

ポール・ポッツ

米治郎、今日初めて、この人の名を知りました。
ポール・ポッツ”新人オペラ歌手である。
日本では、あまり知られていなかったが、奥さんの話だと、
”特ダネ”で小倉さんが紹介して、奥さんも知って、今日
奥さんから教えてもらって知った。
デビューアルバムの「ワン・チャンス」は世界で250万枚の
セールスである。

携帯電話のセールスマンだった人生が、いきなり世界的な
オペラ歌手の人生になってしまったのである。
すごいサクセスストーリーだ。イギリスで、携帯電話の
セールスをしていて、イギリス版「スター誕生」みたいな番組で、
イル・ディーヴォの育ての親としても知られる審査員の
サイモン・コーウェルに認められ、優勝して、
いきなり世界デビューである。

リンクしてあるので、このリンク先のサイトの真ん中くらいに
ある”視聴はこちら”に”Britain's Got Talent①”から
”Britain's Got Talent④”まで順に見て欲しい。
目がくぼんでいて、歯がガチャガチャで、体型はポチャリ型の
とても”スター”とは誰が見てもいえないような”おっさん”である。

しかし、歌ったらすごい、”Britain's Got Talent①”を
見ると、良くわかるが、審査員が「今日は、何をやってくれるの」
と聞くと、「オペラを歌います」と彼が言う。
サイモン・コーウェルは、「へぇー、俺の前でオペラ歌うの?
俺はイル・ディーヴォの育ての親のサイモン・コーウェルだよ」
と、まず、引いた感じになる。ところがポール・ポッツが
歌い始めると3人の審査員、そして、会場のお客が「えー」と
なり、全員が立って大拍手、米治郎も感動した。

世界ツアーで、日本では、4/29・30だが、
チケットはとっくに売切れである。

米治郎、すでに遅し・・・。
[PR]
by l-cedar | 2008-04-27 18:44 | 日々

副都心線

6月14日、東京で、計画上最後の地下鉄と言われている
副都心線(地下鉄13号線)が開通する。前回に開通した
大江戸線は、東京都営地下鉄だったが、副都心線は
東京メトロである。
和光市から有楽町線の線路を利用して氷川台まで、
小竹向原から池袋(現:新線池袋)、池袋からが純粋に
新しくできる新線で、明治通りの下を通って、新宿を抜け、
渋谷までの路線である。
和光市では、東武東上線に、小竹向原では、西武有楽町線、
池袋線と相互直通運転をする。さらに2012年には、
渋谷で東急東横線と、相互直通運転をして、東武東上線、
西武有楽町線池袋線、東急東横線が結ばれる。

2012年に、同じ線路の上を、東武、西武、東急、
東京メトロの電車が走るわけで、鉄道ファンにはたまらない。
現在、東京メトロ半蔵門線が押上まで行き、東武伊勢崎線と
繋がったので、東武伊勢崎線は、東京メトロ日比谷線とも
繋がっているから、東急田園都市線と東急東横線と東京メトロを
通じて繋がっているので、東武伊勢崎線は、東急の電車が
走っているが、今度は、東武東上線や西武池袋線にも東急の
電車が走るようになり、もう、ここまで書いた時点で
何がなんだかわからなくなっている。

さて、その”副都心線”だが、米治郎の住んでいるすぐそばを走る。
”雑司が谷”という”池袋”の次の駅が最寄り駅だ。この駅、場所は、
都電荒川線の”鬼子母神”駅の真下にできている。都電荒川線は、
大塚、三ノ輪に向かって、”鬼子母神”駅の次に”雑司が谷”駅がある。
これも知らない人が聞くとわからないと思うが、この辺に住んでいる人、
特に都電を利用している人にしてみると、
”ややこしやー、ああ、ややこしやー”
なのである。副都心線の駅が”雑司が谷”に決まったことで、
どうやら都電の駅名も変わるらしい。しかし、どう変わるかは現時点では
わからない。

さて、その”副都心線”の”雑司が谷”駅の入口、3箇所ある。先ずメインの
入口といえる入口は目白通りの千登世橋交番のすぐ隣に作っている。
その前に、隅ばあさん、奥さん、アキラ、カオル御用達の美容室”スカラ”が
ある。この”スカラ”、できたときはほとんど”副都心線”のことなど知らずに
はじめたのに、開通すると、いきなり駅前になる。オーナー夫婦は
「ラッキーでした」とのこと。
明治通り側の入口は、なんと、豊島区の千登世橋教育文化センター内にある。
ここの地下がそのまま入口になるようで、ここ、この前まで、豊島区立
千登世橋図書館だった。米治郎も良くお世話になったし、アキラもカオルも
小さい頃からよく借りていた。閉館したのでおかしいと思っていたら、
駅になる。今日、奥さんと散歩に行って、確認してきた。
もう通路は出来上がっているようでまあ、家から徒歩10分という感じだ。
もうひとつは、都電に面していて、鬼子母神駅の豆腐屋の隣にできる。

開通の6月14日まで、あと、48日、初日に乗ろうと狙っている。
[PR]
by l-cedar | 2008-04-27 18:03 | 日々

聖火リレー

無事とは言えないが、とりあえず、日本の、長野での
聖火リレーが終わった。

チベット問題について、今まで少し書いてきたが、
根本的に米治郎には、この問題について語るほどの
多くの知識や考えを持っているわけではない。

チベットの人たちは気の毒に思う。そして、今回の
世界各地での聖火リレーに対して、妨害行為を中心とする
主義の主張、気持ちは理解できるし、こういう行動に出ることも
理解の範疇である。そして、この抗議運動に対して、
それを阻止しようとするそれぞれの現地の中国人たちの行動、
これも理解できる。

しかし、解せないのは、この中国人たちの多さだ。抗議活動をする
チベット人を圧倒的に上回る人数の中国人たちが集まり、国旗である
五星紅旗を振り、チベットの人たちを寄せ付けぬよう、聖火の外側を
警備するを警官たちをさらに取り囲む格好でいる。
本当にこれは個人個人の自国国家に対する純粋な気持ちからの
表れなのだろうか?
何か作為的なことが感じられる。聖火を守ることに貢献した人には
”金一封”とはいわなくても、帰国したときに何かと有利になる特権とか
でももらえるのであろうか・・・。
[PR]
by l-cedar | 2008-04-26 15:41 | 日々

峠越え

「峠越え 山本一力著 PHP文庫」を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆☆

女衒の新三郎、今回の仕事で世話した女が4人すべてが
病気持ちだった。女衒の元締め土岐蔵からその落とし前に2ヶ月で
さらに4人見つけてくるか、それができなければ、二百両を
都合しなくてはいけない。とりあえず、そのために東海道を
下ったが、当てはない。藤沢の手前、江ノ島で、ある女が
襲われているのを助けた。そして、江ノ島で定宿に泊まり、
宿の番頭に紹介された賭場へ遊びに行くと、そこで、あの
助けた女に出会った。壷振りのおりゅうだった。そして、
床をともにして、彼女から江島神社の裸弁天を江戸へ
持ってきて公開する「出開帳」の話を持ちかけられる。
成功すれば、二百両はおろか女衒を辞めて堅気になれる。

おりゅうと力を合わせ、新三郎は「出開帳」を成功させる。
女衒の元締め土岐蔵から、てきやの四天王と呼ばれる4人が
その成功話を聞きたいと、料亭に招かれ、話を披露する。
そこで、ふとしたことから、四天王と土岐蔵の5人を
久能山の権現様への旅の先達を勤めることとなってしまう。
大親分を5人連れてのツアーコンダクター、それは「出開帳」を
上回る苦難の連続だった。

山本一力さんの話は、はずれが全くない。しかもホロッとさせたり、
ヒヤヒヤドキドキさせるスパイスが随所にちりばめられ、読了後の
感じがいつも最高で、さわやかであり、この登場人物たちが心に残る
たいへん美味な味付けである。この本もそのとおりだった。それでも
”☆☆”なのは、これは米治郎だけでなく、世間的に誰が読んでも
面白いと思われるので、”☆☆”だ。誤解のないように言っておく。

まず、新三郎、女衒だが、嘘を言ってまで女を連れてこられない
その性格の設定に引き付けられる。女衒という決して人様に
誇れるようなことでない仕事を持ってはいるが、そうでいて
新三郎の人の良さを書いていく、まさに山本一力の世界である。
そして、山本一力さんの話には、必ず、随所に”良い言葉”、
”良いセリフ”が埋め込まれている。

おりゅうとの出会いである、おりゅうが襲われているところを
助けたシーン、助けられたおりゅうが新三郎に名乗ろうとする。
「あたしは江戸の・・・・・・」
「言わなくてもいいぜ、ねえさんだって、早く忘れてぇだろうし、
ひとには知られたくねえはずだ。名乗ることはねえ」

そして、極めつけは
「小人は縁(えにし)に気づかず。
中人は縁を生かせず。
大人は、袖すり合うも縁でも縁とする」

読み応えは十分だった。それにしても山本一力さん、
世田工出身とは・・・、昔は、世田谷工業高校、
米治郎が行っていた高校の近くの不良学校だった。
なぜ、世田工出身でなぜ、こんなに上手な文章が書けるのだろう。
たぶん、世田工出身出身者の大有名人だろう。
[PR]
by l-cedar | 2008-04-23 23:25 | 感想文

敵は本能寺にあり

「敵は本能寺にあり」
明智光秀が、秀吉が毛利家討伐に苦戦している虚をついて
織田信長に謀反を起こすため、手下の者たちにこう言ったと
されている亀山城の亀岡へ行ってきた。

亀山城保津門跡
c0003409_22441618.jpg

c0003409_22443268.jpg

左側の林の向こうが亀山城跡
c0003409_22445188.jpg

c0003409_2245927.jpg

今日は晴天、亀(亀山城)がお堀の水面で遊んでいた
c0003409_22453471.jpg

c0003409_22465477.jpg

[PR]
by l-cedar | 2008-04-22 22:49 | 日々
今日は、日帰りで、朝は”トホホののぞみ1号”に乗って、
京都まで日帰り出張。
帰りに事件は起こった。

9代目と京都の事務所で打ち合わせをして、
18:42京都発のぞみ148号に乗るつもりで、いつものように携帯で
予約を入れていた。余裕のつもりでいたが、打ち合わせが長引いて、
京都事務所から京都駅まで18:42にぎりぎりだった。

ようやく飛び乗り、缶ビールと、缶チュウハイ、サンドイッチで腹ごしらえ。
読書しながら、名古屋を過ぎる頃には、夢の中だった。

新横浜の手前で眼が覚めた。すると、車内の字幕ニュースに、
のぞみ150号は、20時30分頃、浜松~掛川で不審者が線路に飛び降りたため、緊急停車しております。警察に通報して、
不審者の行方を探しています。これにより上下線で、運転を見合わせています。


「えー、のぞみ150号って、148号の次か、その次だ、ラッキー」
のぞみ148号は定刻どおり、東京駅に到着した。

京都で、遅れそうだから、携帯から、次かその次くらいに、列車変更しようか
迷ったが、そのまま、148号に乗って、ラッキーだった。

これって、米治郎、ついているってこと?

IC-Expressチケット
c0003409_22292495.jpg

[PR]
by l-cedar | 2008-04-22 22:20 | 日々

Firefox

皆さん、インターネットをするとき、ブラウザは何を
使っているのだろう?
当然、”IE”が一番主流で、使っているユーザーも
一番多いことだろう。
しかし、最新版のIE7、突然、終了する事態に見舞われた
経験はないだろうか?そして、”ご不便をおかけします
~、この症状をマイクロソフトへ報告する”と
出てくる。このメッセージ、昔のマイクロソフト、
そう、”Windows95”の頃を知っている者にしてみると、
表現が穏やかになった。
”Windows95”、使っていると、突然、ハングアップして、
”このプログラムは、不正な処理を行ったので強制終了されます”
と、人のせいにして勝手に終わってしまうのである。このメッセージは
あきれるというか、高飛車で、高慢ちきな態度だった。
その頃に比べればよくなったが、米治郎、なるべくマイクロソフトの
ものは使いたくない。

米治郎は、会社でも、自宅でも、主なるブラウザは”Firefox”を
使っている。これの一番の優れものは、IEも真似をしたが、
”タブ”機能だ。ひとつのブラウザに中に、タブでいくつもの
サイトを見られるのだ。これは感激ものだった。

そのFirefox、先日、自動更新でバージョンアップしたら、
このブログの更新ができなくなってしまった。
それに、このブログを運営している”エキサイト”が
すぐに対応してくれた。

Firefox側もすぐに対応したようだが、ソフト会社の対応は
こうでなくっちゃ、ねえ、どこぞの会社の社長さん・・・。
昔のマイクロソフトのような対応、いけませんぞ・・・。
[PR]
by l-cedar | 2008-04-20 17:36 | 日々