高田米治郎が”日々”の出来事や読んだ本について感想文を書きます。


by l-cedar
カレンダー

<   2008年 03月 ( 36 )   > この月の画像一覧

応援歌

米治郎の母校は東京の軟弱大学で、
応援団も今はあるのかないのかわからないくらい
応援する機会がほとんどないような大学だ。
なのに、なぜか、応援歌がある。
しかも、その応援歌、ほとんど知られていない。
だが、なぜか、その応援歌を米治郎は知っている。
高校の頃、大学生から、一人で歌えられるように
なるようになるまで教えられた。
大学へ行って、先輩たちの前で歌っても誰も知らなかった。
そのくらい誰も知らない応援歌だ。

米治郎、ミクシィ(Mixi)に、登録している。
母校のコミニティがあり、そこに”応援歌を知っていますか”
というトピックを作った。が、いまだ、コメントがない。

この応援歌、誰も知らないから、みんなに伝えたい。
特に、後輩たちに伝えたい。
[PR]
by l-cedar | 2008-03-30 16:45 | 日々

今日は晴天

米治郎が今の場所に住み始めて15年あまり経つ。
毎年、この時期になると、神田川の桜が、米治郎の
家のベランダから一望できる。
晴れている朝は、ビルの谷間から富士山も見える。
東京タワーも見える。
夏の花火の時期は、神宮球場のラッキー7の花火、
そして、遠く隅田川の花火も見える。

ところが、この景色が来年から変わるようだ。
隣の大きな駐車場に、とうとうマンションが建つらしい。
まあ、東京のこんなところに、広い場所が今まで空いていた方が
おかしいことだったが、米治郎にとってはかけがえのない景色だ。
そこで、今年が最後であろうベランダからの桜の景色をお届けする。

今年も桜が満開になった
c0003409_17503844.jpg

この駐車場にマンションが建つ
c0003409_17505469.jpg

この方向に富士山が見える
c0003409_1751640.jpg

夏はこの方向に神宮球場の花火
c0003409_17512354.jpg

c0003409_1751405.jpg

”あんどぅうなつ”の”大橋屋さん”もとうとう更地に
c0003409_1875541.jpg

c0003409_17521477.jpg

[PR]
by l-cedar | 2008-03-29 17:58 | 日々

今日の桜-3/29

一昨日あたりから満開だ。
神田川の満開の桜をお届けしよう!
c0003409_95336.jpg

c0003409_9533532.jpg

川面に注ぐように枝がたれているのが神田川の桜の特徴
c0003409_9535953.jpg

c0003409_9542646.jpg

c0003409_9544538.jpg

朝陽の中で
c0003409_955733.jpg

次女と桜
c0003409_9552744.jpg

[PR]
by l-cedar | 2008-03-29 09:56 | 日々

桑田真澄

元巨人でパイレーツの桑田真澄投手が引退を表明した。
PL高校時代、清原とのKKコンビで甲子園に5回出場して、2回優勝した。
早稲田大学へ進学を希望しながらもドラフト1位で巨人へ入った。
PLのチームメイトの清原が巨人へ逆指名していたにも
西武に指名され、巨人は桑田を指名して、密約があったのでは、と、
この頃から、ダーティーなイメージがついてしまった。
その後は、”ウィキペディア”にリンクをはってあるので、
そちらを参照して欲しいが、バブルの頃は、”投げる不動産屋”と揶揄された。

米治郎は、その頃は、そういうイメージがあったが、
ある日、そのイメージが変わった。
その日、米治郎は、ほとんどやらないゴルフへあるゴルフ場へ行った。
当然、へたくそである。あるホールで、隣のコースへ打ち込んでしまった。
考えると冷や汗ものだが、結構、人に近かった。
次のホールへ向かうときに、米治郎が打ち込んだホールの人が
ニコニコしながら、「はい、ボール拾ってきましたよ」
桑田真澄だった。
米治郎はへたくそだから、新品のボールをあまり使わない。
当然、桑田が拾ってきてくれたボールも安く買ったロストボールだ。
めちゃめちゃ、恥ずかしかった。
テレビで見ていると、そして、野球人としては、小柄だが、
実物は、ものすごく、でかく、逞しかった。そして、まぶしかった。
それから、一気にファンになった。
1996年、手術からの復帰で、マウンドに右ひじをおいた姿は、印象深い。
2006年、引退だと思っていた。しかし、メジャーリーグに挑戦した。
この姿は、皆に力を与えた。そして、また、けがに泣くが、見事に
立ち直り、39歳という年齢で、メジャーリーグのマウンドに立った。
そして、1勝もすることなく、引退した。

野球、そして、人生に真摯に向かう姿は、すばらしい。
桑田のブログにその姿が現れている。この3月、卒業する人への
言葉、感動した。”倒れたってええやん”の題名、ぜひ読んでもらいたい。
こんなすばらしい文章が書ける野球人を米治郎はあまり覚えがない。

桑田に拾ってもらった汚いゴルフボール、今でも米治郎の大事な宝物だ。
[PR]
by l-cedar | 2008-03-27 08:52 | 日々

荒川沖-2

茨城県警、次々に出てきた。
まず、駅周辺を固めていた私服警官、無線機も持っていなかった。
そして、なぜ、私服警官だったのか?制服警官で抑止力を
高めた方が良かった。さらに、荒川沖駅の駅員に、警察が
固めていることを事前に報告していなかったため、刺された
8人の中に、私服警官がいたが、駅員はわからなかった。
犯人は、下り電車に乗って、荒川沖駅に入ってきたが
8人の私服警官は、下りホームを見張っていなかった。
犯人は、まんまと下りホームから改札口に上がって
8人を次々と刺す凶行におよんだ。

さらに、犯人は、自首しようと、交番へ行ったが、交番は
この事件の動員のために不在だった。
交番から110番して「私が犯人です」と自首して、
交番に駆けつけた警察官に逮捕された。

まず、米治郎が気になるのは、なぜ、制服警官を配備しなかったか?
制服警官を配備すると、犯人が気づいて、違う犯行を重ねる恐れが
あると言うのだが、絶対にこれは違っていると思う。
さらには、なぜ無線機を持っていなかったか?
茨城県警って、そんなに貧乏なのか?
こんな時に捜査員に無線機も持たせられないほど・・・。

いつも言われることであるが、実力など日本で一番は
東京を守る”警視庁”であるのは、周知の事実である。
田舎の警察ほど、装備や経験などが劣ると言われている。

しかし、市民を守る警察にそんなことは許されない。
県境を跨ぐと、警察が違うといわれるが、
日本中、警察はどこへ行っても
”同じ品質”でなくてはいけないのではないか?
[PR]
by l-cedar | 2008-03-25 15:18 | 日々

朝青龍

内館牧子が朝青龍優勝の春場所後の横綱審議委員会で
「朝青龍問題は終わっていない。力士は『歩く文化財』の
要素を持っている。力士全体を再教育する新システムを
作るべきだ」と提案したそうだ。

相変わらず、”おバカ”なこの発言、どうせ、本を売るためだろう。
”朝青龍問題”が終わったら、本が売れなくなってしまう。

内館牧子、いい加減にしろだ。
外国人に頼らざるを得ない今の大相撲に、その横綱審議委員会に
こんなことを言う資格はない、海老沢委員長をはじめとする
内館牧子以外はわかっているようだ。わからないのは、内館牧子だけだ。
本を売ろうと言う裏が見え見えだ。
こんなことをいつまでも言っている内館牧子に横審の資格はない。
早く、辞めろ、辞めてしまえ、辞めさせろ!
[PR]
by l-cedar | 2008-03-24 23:53 | 日々

チベット

中国のチベット問題、由々しい問題である。
中国は、漢民族が大多数の92%を占めるが、
実は、多民族国家である。漢民族以外に
55の少数民族が存在する。
そして、”民族区域自治”の名のもとに、”自治されている”。
しかし、自治州、自治区、自治県などの”自治”と言われるところに
”自治”はない。
”自治”を辞書で引くと、”自分や自分たちに関することを自らの責任に
おいて処理すること。(大辞泉)”、”自分たちのことを自分たちで
処理すること。(大辞林)”だ。
この辞書の意味において、モンゴル自治区では”自治”はない。

ローマ法王ベネディクト16世はキリストの復活祭である23日のミサで
世界各地の紛争の平和的解決を訴え、ダルフール、ソマリア、中東、
聖地(エルサレム)、イラク、レバノン、そしてチベットをあげ、
「人間性に対する災いはしばしば無視され、時には故意に隠される」
と語った。

大多数を占める漢民族、中国々内以外に、”華僑”と呼ばれているのも
漢民族である。香港、台湾、マカオも漢民族が大多数を占める。
中華人民共和国と中華民国、主義主張が違っても、漢民族である。
漢族とは、中国の歴史で繰り返された漢族の周辺の異民族との
混血の結果なのであろう。清国の時代、実権を握ったのは満族だったが、
大多数を占めるのは漢族であり、その底辺だった。そして、漢族の国民党が
清を倒し、国民党が実権を握り、その後、共産党へ実権が移り、
中華人民共和国が政権を握り現在に至っている。この清から中華民国、
中華人民共和国への変遷で、さらに漢民族は、中国全体に移住して、
その血はどんどん広く濃くなっていく。
その反面、他民族は、少数化していく。

日本は、江戸時代の鎖国によって、大名の領地入替や江戸での諸国からの
交歓によって、北と南の人が混ぜこぜになり、日本人を確立したと思われる。
その反面、明治以降、他民族への差別感、偏見感が強くなった。
それは、島国ゆえの他民族が入りづらい地域性もある。

中国は、あれだけ広い国土に、漢民族が92%を占めれば、他民族への
差別感、偏見感が強くなっても不思議ではない。
この根底には、地域が違う、違う地方から来た人へのものの考え方、
言葉の違い、への違和感が最も大きく占めるだろう。

東京は、田舎モノの集合体だ。
どこの出身か?まず、気になるのではないか?

チベットに、鉄道が開通して、さらに漢民族が入り込んでいるという。

自分たちと違う者がいる、これが動物的な本能、差別と偏見の源泉だ。
大多数が少数を差別する。
人間は動物の一種だが、唯一理性を持ち合わせている。
もっと、その人間特有の理性を働かせようではないか。
[PR]
by l-cedar | 2008-03-24 22:30 | 日々

荒川沖

JRの荒川沖駅で凄惨な事件が起きた。
8人を次々と刺し、一人が死亡した。
亡くなった方の冥福を祈りたい。
また、二人の方が重傷らしい。

さて、犯人は捕まったが、この犯人、19日に
殺人事件を起こし、指名手配中だった。
その間に、東京まで行って、頭を坊主狩りにして、
また、地元に戻って来ての犯行だ。
しかも、警察に「早く捕まえてみろ」と電話まで入れている。

茨城県警は170人体制で警戒していたそうだ。
それでも事件は防げなかった。駅周辺も8人の
私服警官が警戒していた。

しかし、それをあざ笑うかのように事件は起こった。
亡くなられた男性の母親の言葉が印象的だ。
茨城県警の責任は大きい。特に、記者会見に出てきた
”めがね”のおっさん、開き直りも良いところだ。
謝罪の言葉もない。

もう一度出て来い、そして、謝罪、せめても遺憾の意を示せ!
[PR]
by l-cedar | 2008-03-23 22:57 | 日々

朝青龍と白鵬-3

千秋楽の結びの一番、
「この取り組みにて、千秋楽」
朝青龍と白鵬、組み合ってすぐには、白鵬が有利だった。
しかし、白鵬の気持ちがはやった。その瞬間を経験豊富な
朝青龍は見逃さない。見事な小手投げが決まった。

実は、米治郎、この一番で朝青龍が負けたら、今後一切
ここで朝青龍の話題を書くことを止めることを決めていた。
あれだけのことをやっていて、弱い横綱は許されないと
思っていたからだ。

史上4位の貴乃花に並ぶ22度目の賜杯。
強い朝青龍が完全復活だ。さて、土俵以外も変わらないで欲しい。
そして、来場所、来々場所も優勝して、北の湖の記録も破って欲しい。
[PR]
by l-cedar | 2008-03-23 21:27 | 日々

菊じいー36

先日、奥さんと菊じいのうちへ足先ソックスを持っていった。
菊じいが、足の親指がささくれているらしいのである。
菊じいのうちへ行くと、菊じいが座って屈んで、
何やら足をいじっていた。
つめを切っているにしては、音が聞こえてこない。
どうやら、そのささくれた足の親指の手入れ中だった。
先日、ゴルフへ行ってから、足の親指がすれて
皮がむけて、ささくれているらしい。
それで、クスリをつけて、その上から隅ばあさんに
作ってもらった特製のリボン付包帯を巻いていた。

米治郎も、足の親指がささくれていたが、先日、次女の
つめきりセットについていた爪とぎ用にヤスリで、
削ったら、思いのほかきれいになった。
菊じいにそのことを話すと、
菊じい「わしは、血だらけになってしまう」
と言って、丁寧に包帯のリボンを巻いていた。

足のリボンがかわいい菊じいだった。
[PR]
by l-cedar | 2008-03-23 13:13 | 菊じい