高田米治郎が”日々”の出来事や読んだ本について感想文を書きます。


by l-cedar
カレンダー

<   2007年 09月 ( 58 )   > この月の画像一覧

沖縄

昨日、沖縄で、太平洋戦争末期の沖縄戦で起きた
住民の集団自決を巡る文部科学省の教科書検定意見の
撤回を求める県民大会で、11万人の人が集まった。
沖縄県庁のサイトで調べると、
沖縄県の9月1日現在の人口は”1,373,244人”、
11万人というと、県民の1割弱の人が集まったことになる。
もちろん、県外からの参加もたくさんあっただろう。
この沖縄の人たちのパワーは、決して侮れない。

例えば、今、国民の不満の最高の元になっている
”年金問題”、これを挙げて、東京で都民大会を
開いたら、何人の人が集まるだろう。
たぶん、良くて2万人くらい、まあ、1万人くらいだろう。

しかし、この教科書からの集団自決の削除問題、
全く、勝手で乱暴な話である。新聞で読むと、
軍人の遺族の話で、集団自決を命令していない
事実があるとか何とかが、判断の基準になっているらしいが、
沖縄にいて、その場面にいた人が、その事実を肯定していて、
さらに、集団自決が行われたということは、日本人の
ある一定の年齢に達した大人なら誰でも知っている事実である。

なぜ、日本は、過去の過ちを有耶無耶にしてしまおうとするのだろう。
教科書がこんなだから、60余年前にアメリカと戦争をした事実を
知らない若者が出てきてしまう。
昨日の”ビートたけしの独裁国家で何が悪い!?
日本の未来を考えるSP!!”でやっていたが、
日本の未来はどうなるのだろう。
福田首相はどうしたいのだろう。
[PR]
by l-cedar | 2007-09-30 08:28 | 日々

先週の電車-4

先週は、関西に加えて、甲府も行った。
先週はたくさん乗った。特に近鉄が・・・。

N700系博多行き
c0003409_0332458.jpg

近鉄京都線天理行き急行
c0003409_0334220.jpg

近鉄橿原線橿原神宮行き各駅停車
c0003409_034013.jpg

近鉄奈良線難波行き急行
c0003409_0341971.jpg

近鉄大阪線上本町行き各駅停車
c0003409_0344024.jpg

JR西日本大阪環状線(シャッター押すのが遅すぎた)
c0003409_0345598.jpg

JR西日本大阪環状線
c0003409_0351474.jpg

大阪市営地下鉄御堂筋線
c0003409_0353082.jpg

JR西日本東海道線京都行き各駅停車
c0003409_0364448.jpg

近鉄京都線奈良行き急行(シャッター押すのが遅すぎ、遠く彼方)
c0003409_037241.jpg

京阪本線出町柳行き各駅停車(5扉車)
c0003409_0372135.jpg

近鉄京都線京都行き急行
c0003409_0375147.jpg

N700系東京行き
c0003409_038826.jpg

JR東日本特急スーパーあずさ松本行き
c0003409_0382199.jpg

JR東海身延線各駅停車身延行き
c0003409_0383958.jpg

JR東海身延線各駅停車甲府行き
c0003409_0385170.jpg

JR東日本特急あずさ新宿行き
c0003409_039570.jpg

[PR]
by l-cedar | 2007-09-30 00:55 | for ”鉄さん”

ミャンマー

ミャンマーで、長井さんというフリーの報道カメラマンが、
兵士から至近距離で撃たれて亡くなった。
テレビでも盛んに、その場面を流している。
あの映像を見る限り、たくさんの人の中へ
撃ち込んで、流れ弾が当たったのではなく、
間違いなく、一人を狙って撃っている。

しかし、いくら軍事政権とはいえ、
丸腰のしかも報道カメラマンへ発砲するとは
低俗もいいところだ。
デモ隊へ、銃を構えた兵士が発砲するシーン、
前世紀の映像を見ているようだ。

日本は、ミャンマーへ30億とも40億とも
”資金協力”という形で援助している。
軍事政権に対しても
欧米諸国とは違う対話重視の政策だという。

日本人がミャンマーの正規の軍人に撃たれて死んだ。
こんな対応でいいのだろうか?
高村外相が、ニューヨークで、ミャンマーの外相から
謝られたらしいが、そんなくらいでいいのだろうか?
なんか、日本は甘く見られている。

福田首相が、内外に向けて、
はっきりとした声明を出すべきではないか・・・。
[PR]
by l-cedar | 2007-09-29 09:59 | 日々

朝青龍

”朝青龍問題”、
ずっと大騒ぎになっていたけど、
相撲協会は、”新弟子リンチ死亡事件”という
さらに大きな問題が出てきて、朝青龍問題は
やっと落ち着いた。
しかし、相撲協会もおかしなところだ。特に
北の湖が理事長になって、なんか変だ。
”新弟子リンチ死亡事件”に比べれば、
”朝青龍問題”なんて、どってことない。
だって、一人の人間が死んじゃったんだから。
しかも、親方も加わっていたっていうんだから・・・。
それともうひとつおかしいのは、
”誰が朝青龍を横綱にしたのか”だ。
みんなで寄ってたかって持ち上げておいて、
何か問題が出てきたら、この有様だ。

そういえば、こんなことが言いたかったのではなかった。
昨日、細木数子の”幸せって何だっけ”で、
朝青龍のことを細木数子が言っていたけど、
朝青龍はすごい、と思った。感動した。

昔、モンゴルの首相の”何とかさん”のところへ
ロシアからお嫁さんが来たらしい。
その人は、モンゴルのあまりにもいろいろなことへの
技術の無さに、モンゴルの為を思って、いろいろ口を
出したらしい。例えば、靴の修理を依頼しても
靴底もまともに縫えないで修理があがってくると、
口をすっぱくして、まくし立てて指導した。
ところが、モンゴルの人たちは、
そういうことを言われたことがなかったため、
その人が、悪い人だと思い込み、
亡くなっても、お墓も立てなかったんだそうだ。

その話を幼い頃から聞いていた朝青龍は、
横綱になると、その人のお墓と立派な銅像を建てた。
細木数子がモンゴルに行ったときに
朝青龍が先ず、そこを案内した。
「モンゴルの人たちは、この人に感謝できないといけない」
と、彼は語ったらしい。
こんなこと、日本人は誰も知らない。
朝青龍は、モンゴルに学校や公園を作っている。
これも日本で知られていないことだ。

奥さんが、朝青龍問題がマスコミで
取りざたされている時の話をした。
「朝青龍って、横綱とは考えられないような
安っぽいマンションに住んでいるよ」
これで、奥さんもわかったようだ。
朝青龍は横綱としての収入をモンゴルの為に
せっせと使っていたのだ。

昨日の細木数子の話だと、今回、モンゴルに帰る
飛行機代もなかったらしい。

外国から日本へやってきて、
日本人でも、びっくりするような古い慣習が残る
相撲の世界へ踏み込み、たいへんな努力をして
最高位の横綱まで上り詰めた。
すごいことだと思う。
並大抵の努力では達成できない。
それをやったんだから、みんな広い心を持って
考えれば、今回の問題なんて、どってことない。

来場所も”白鵬”の一人横綱だが、
その次には、出場停止も切れる。

強い横綱”朝青龍”が優勝して、
みんなをギャフンといわせてほしい。
[PR]
by l-cedar | 2007-09-29 09:40 | 日々

往復 N700系

今週も”トホホのN700系”で京都へ出張だ。
今回は、次の日、意外に早く終わったので
帰りも京都16:57発のぞみ140号、
全車禁煙の”N700系”で帰ってきて、
往復とも”N700系”だぜ。
(そのうち、”N700系”もどんどん増えてくるから、
こんな自慢は今のうちだけ)

ところで、”N700系”、”JR東海”と”JR西日本”の
共同開発だが、車両も”JR東海”の車両と
”JR西日本”の車両があることに、今回、気がついた。
行きは、”JR西日本”で、帰りは”JR東海”だった。
今まで、シートも同じで、客室の意匠が同じで気がつかなかった。
”700系”のようにシートが違ったり、先頭車両に
”JR West"とか書いていないが、アナウンスの前に流れる
音楽が、”JR東海”は”アンビシャスジャパン”、
”JR西日本”は”いい日旅立ち”、
デッキから客室に入る扉の上に””JR東海”か”JR西日本”の
表示があるのが違いのようだ。
それと、トイレの意匠が多少違うような気がする。

まだ、新車の臭いはしていた。

行き-1(出発前の車内表示)
c0003409_8354759.jpg

行き-2(”全車禁煙”が”N700系”の証し)
c0003409_8355829.jpg

行き-3(京都駅で後姿)
c0003409_8361226.jpg


帰り-1(京都駅で前姿)
c0003409_8362398.jpg

帰り-2(こんな時間に新大阪発の”N700系”があった)
c0003409_8363238.jpg

帰り-3(”JR西日本”の場合は、青文字で”JR西日本”)
c0003409_8364161.jpg

[PR]
by l-cedar | 2007-09-29 08:53 | for ”鉄さん”

ヒートアイランド

米治郎の推薦度 ☆☆

c0003409_8263483.jpg


『ヒートアイランド  垣根 涼介著 文春文庫』を読んだ。

これも近々映画になるので”☆☆”だ。
垣根涼介氏にハマっている。最初の出会いは、
このブログの最初の方で、書いているが、
戦後、外務省の政策で、甘い言葉にだまされて
連れて行かれたブラジル移民の悲哀を描いた
「ワイルド・ソウル」、その時は、他のものを読みたいとは
思わなかったのか、何か他の作者のものへ目が行ってしまったか
覚えていないが、ちょっと前に書いた「サウダージ」で、
この人のほかのものを読みたくなった。
そして、「午前三時のルースター」に続いて読んだのがこれだ。

これ、「サウダージ」に出てくる”アキ”が”柿沢”や”桃井”と
出会う前から出会うまでの話である。
”アキ”と”カオル”は渋谷のストーリートギャングの集団、
”雅”を取り仕切るボス、毎週行われる”ファイトパーティー”が
彼らの資金源だ。

”アキ”、”カオル”、”桃井”の過去が丁寧に描かれている。
特に”車好き”には、”桃井”の描かれ方がたいへん興味深い。

作家の”大沢在昌”が解説を書いているが、”銃”の描写、
”車”の描写の仕方が”大藪春彦”の正当な継承者と
評価している。米治郎もそう思う。
”柿沢”が”桃井”に拳銃の”ベレッタ”の説明をするところや
”桃井”の車、”インプレッサ”がSTiバージョンの
めちゃめちゃなチューンをしているのも関わらず、
外見は、それらのエクステリアを全く目立たない
普通のセダンにしている車の描写、
”柿沢”、”桃井”のアウトローの世界など、
まさに”大薮春彦ワールド”を彷彿させる。
(彼の作品で主人公が”スカイラインGT-R”を
普通のスカイラインの外観にして乗っているシーンが
あったのを思い出した。)

この人、自分でホームページをやっている。
ここを見て、またびっくり。
”柿沢”の車って、垣根涼介氏の車だった。

次は”ギャングスターレッスン”だ。
[PR]
by l-cedar | 2007-09-29 08:21 | 感想文

午前三時のルースター

米治郎の推薦度 ☆☆

c0003409_22223655.jpg


『午前三時のルースター  垣根 涼介著 文春文庫』を読んだ。

2000年サントリーミステリー大賞・読者賞ダブル受賞、
垣根氏のデビュー作だ。だから、”☆☆”である。

旅行代理店に勤める長瀬は、一代で大手宝石店を築き上げた
大得意の中西社長から、孫の高校生、中西社長の跡取り、
慎一郎のベトナム旅行の添乗を破格の条件で依頼される。
そして、慎一郎からベトナム旅行の本当の目的を知らされる。
その目的は、ベトナムで失踪した実父、中西専務の
消息を尋ねることだった。
ベトナムで、案内役に娼婦メイ、タクシー運転手ビエンの
助けを借りて、慎一郎の父親を探す。
そして、最後は切ない現実が待っていた。

まず、ベトナムへ出発するまでの導入部分が良い。
なぜ、ベトナムへ行かなくてはいけないか。

最後に、長瀬の車に乗りながら、慎一郎が
腕時計を、橋の上から投げ込むシーンが
ジーンとくる。
[PR]
by l-cedar | 2007-09-27 22:23 | 感想文

伊吹ラーメン

伊吹ラーメンがなくなった。
跡形もなくなくなった。
更地になった。

出張がうまくいかない兆候が・・・。
N700系が補ってくれる、ような気がする。
[PR]
by l-cedar | 2007-09-26 21:45 | 日々
福田さんが第91代内閣総理大臣に任命された。
衆議院は福田さん、参議院は小沢さんと、
両院の首班指名が異なったのも7年ぶりだそうだ。
もちろん、憲法の規定に則り、衆議院で指名された
福田さんが総理に任命された。
憲政史上、親子で総理大臣になったのは、初めてだそうだ。
群馬県は大盛り上がりだ。
麻生さんは、党内人事も閣僚人事も固辞した。
”共倒れ”をしたら、”総理の目がなくなるので、
次を睨んでのことだろう。
福田さん自ら”背水の陣”内閣と呼んだ。
マスコミはさらに、閣僚人事が、
安倍さんの”居ぬき内閣”と呼ぶ。
まあ、この場合、しょうがないと思う。
さて、今後の舵取りは如何なものであろう。
[PR]
by l-cedar | 2007-09-26 21:40 | 日々

コロボックル

八ヶ岳に行った。

”コロボックル”はなかった。
なくなっていた。
すごく探したが、どこにもなかった。
”みちくさ”はあったが、
”コロボックル”はなかった。

大木さん・・・。
[PR]
by l-cedar | 2007-09-24 20:43 | 日々