高田米治郎が”日々”の出来事や読んだ本について感想文を書きます。


by l-cedar
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 3 )

ゾルゲ 引き裂かれたスパイ(上・下) 
原題:Stalin’s Spy: Richard Sorge and the Tokyo Ring
ロバート・ワイマント
著 西木正明 訳 新潮文庫」を読んだ。 

米治郎の推薦度 ☆☆☆

この本の主人公、リヒャルト・ゾルゲをご存じだろうか?
彼がいたから、今のヨーロッパ、今の世界があると言っても過言ではない。
この本、発刊時につい読み逸れてしまい、ずっと探していて、
ブックオフで手に入れて、読んだ。
西木正明氏の訳であることも興味をそそられていて、
どこの本屋を探しても見つけられなかったことを後悔していた。
リヒャルト・ゾルゲ、ウィキペディアにリンクしたので詳しくは
それを読んで欲しいが、太平洋戦争直前に特高警察によって
逮捕され、日本を震撼させたソ連のスパイである。

米治郎、ゾルゲのことは多少知っていた。
しかし、ドイツ人で、ドイツの記者で、日本のドイツ大使館に
出入りしていて、ナチス党員であったゾルゲが、なぜ、ソ連の
スパイだったのかが良くわからなかった。
この本を読んですべてを理解できた。

さて、冒頭のヨーロッパを救った話だが、ソ連は、西からは
ナチスドイツに攻められ、モスクワの直前まで攻め入れられていた。
しかし、東側の日本が怖くて、スターリンはシベリア側の兵を
ヨーロッパ側に送りこむことを躊躇していた。
シベリア側の兵を一気にヨーロッパ側に向かわせたのは、
ゾルゲの情報だった。「日本は絶対に攻めてこない」
この情報で、ソ連は、ドイツを巻き返し、一気に反撃に出て、
アメリカとともに、ヨーロッパをナチスから救えた。

酒飲み、女たらし、日本のドイツ人社会に溶け込み、
ドイツ大使の御意見番として君臨して、その情報を
ソ連に送っていたゾルゲ。
この本は、小説ではなく、残された文書などを忠実に
つなげているノンフィクションである。
米治郎は、ゾルゲとともに逮捕された尾崎秀実にも
興味を持っていた。
朝日新聞の記者だったことで、ある意味その思想は
理解できていたが、その後、中国研究の第1人者として、
当時の近衛内閣の嘱託として活躍して、逮捕時は、
満鉄調査部だったのである。
この辺の経緯がわからなかったが、良く理解できた。

ゾルゲと尾崎、当時の日本で良くここまで
スパイとしての活動ができたものである。
命を賭して・・・。
[PR]
by l-cedar | 2012-04-30 16:41

借金取りの王子

「借金取りの王子 -君たちに明日はない2- 垣根 涼介 著 新潮社文庫」
を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆☆☆

「君たちに明日はない」の続編である。「君たちに明日はない」と
この「借金取りの王子」、垣根涼介ファンなら、絶対に外せない作品である。
企業から、社員のリストラ事業を請け負う会社、
『日本ヒューマンリアクト(株)』の村上真介が主人公、
第一作と同じく、短編集である。
第一作の「君たちに明日はない」を読んだ時、こういうリストラ請負会社が
本当にあるのかと思った。
それほど、フィクションなのに、背景にリアリティがある。
その点、堂場瞬一さんの警視庁失踪課に通じるものがある。

今回は主人公の村上真介が、デパート、生保、消費者金融、
ホテルチェーンから請け負ったリストラの面接をこなしていく4つの話、
そして、最後の5話目は、『日本ヒューマンリアクト(株)』が
人材派遣業に進出していく話と、さらにリアリティをおびていく。
これは、続編に続く展開の予感である。

さて、その中で、3話目、この本のタイトルにもなっている消費者金融の話、
「借金取りの王子」、良い話だ。
このシリーズの常で、各々の話は、そのリストラを依頼した企業のある
リストラ対象者が主人公になる。
この話、何の予測もせずに、その部分、朝の山手線で読んでいた。
それは、急にやってきた。目がウルウル、危うく、頬を伝わりそうになった。
そういう展開ではなかったのに、急に泣かせるテクニック、さすがである。
しかも、全編に溢れる男女の会話のやり取り、会話だけでなく、
その裏にあるお互いの感情の表し方、全く恐れ入る。
「ワイルド・ソウル」とは、反対側にある話だが、
サラ公には、共感できることも多く、垣根涼介さんの懐の深さ、
ひきだしの多さを感じることができる。

サラ公必読である。
[PR]
by l-cedar | 2009-11-27 23:57

蒼の悔恨

「蒼の悔恨 堂場瞬一 著 PHP文庫」を読んだ。

米治郎の推薦度 ☆

あの”刑事・鳴沢了”シリーズの堂場瞬一さんの著作だ。

舞台は、横浜、そして、神奈川県警捜査一課、真崎薫が主人公だ。
彼は、厚木の大病院の御曹司、しかし、もう何年も帰っていない。
彼には、1歳上の兄がいたが、彼が5歳のときに死んだ。誘拐され殺された。

赤澤奈津、神奈川県警加賀町署刑事課所属。
彼女は、横浜元町の有名貴金属店、”プラネット”の海星社社長令嬢。
父一人娘一人、父は末期癌で入院中。

その二人が、緊急配備で、組まされた。緊急配備は、連続殺人犯青井猛郎が
見つかったとの通報から、捜査一課と所轄署の刑事総動員での
緊急配備だった。
そして、奈津をかばったことから薫は青井に刺されてしまった。

病院を抜け出して、薫が捜査一課に出勤してきたところから物語は始まる。
横浜が余すところなく、何気ない描写にも、丁寧に描かれている。
奈津の住む山手町、そして、元町の”ウチキパン”。

最初から犯人はわかっていて、薫と奈津が犯人を追い詰めていく。
犯人は警察、薫たちに挑発してくる。
3/4くらいまでは、スピード感があって、どんどん読める。
しかし、最後の1/4、すこし、興醒めだった。
薫の兄の誘拐犯の犯人、米治郎、1/2くらい読んでわかった。
まあ、意外な相手だ。
興醒めだったので、”☆”だ。
鳴沢了シリーズに続く、堂場瞬一さんのシリーズになることを望む、
続編が期待できる最後、終わり方。
薫と奈津、二人の行方は・・・。
[PR]
by l-cedar | 2009-05-23 22:34