高田米治郎が”日々”の出来事や読んだ本について感想文を書きます。


by l-cedar
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ヒートアイランド

米治郎の推薦度 ☆☆

c0003409_8263483.jpg


『ヒートアイランド  垣根 涼介著 文春文庫』を読んだ。

これも近々映画になるので”☆☆”だ。
垣根涼介氏にハマっている。最初の出会いは、
このブログの最初の方で、書いているが、
戦後、外務省の政策で、甘い言葉にだまされて
連れて行かれたブラジル移民の悲哀を描いた
「ワイルド・ソウル」、その時は、他のものを読みたいとは
思わなかったのか、何か他の作者のものへ目が行ってしまったか
覚えていないが、ちょっと前に書いた「サウダージ」で、
この人のほかのものを読みたくなった。
そして、「午前三時のルースター」に続いて読んだのがこれだ。

これ、「サウダージ」に出てくる”アキ”が”柿沢”や”桃井”と
出会う前から出会うまでの話である。
”アキ”と”カオル”は渋谷のストーリートギャングの集団、
”雅”を取り仕切るボス、毎週行われる”ファイトパーティー”が
彼らの資金源だ。

”アキ”、”カオル”、”桃井”の過去が丁寧に描かれている。
特に”車好き”には、”桃井”の描かれ方がたいへん興味深い。

作家の”大沢在昌”が解説を書いているが、”銃”の描写、
”車”の描写の仕方が”大藪春彦”の正当な継承者と
評価している。米治郎もそう思う。
”柿沢”が”桃井”に拳銃の”ベレッタ”の説明をするところや
”桃井”の車、”インプレッサ”がSTiバージョンの
めちゃめちゃなチューンをしているのも関わらず、
外見は、それらのエクステリアを全く目立たない
普通のセダンにしている車の描写、
”柿沢”、”桃井”のアウトローの世界など、
まさに”大薮春彦ワールド”を彷彿させる。
(彼の作品で主人公が”スカイラインGT-R”を
普通のスカイラインの外観にして乗っているシーンが
あったのを思い出した。)

この人、自分でホームページをやっている。
ここを見て、またびっくり。
”柿沢”の車って、垣根涼介氏の車だった。

次は”ギャングスターレッスン”だ。
[PR]
by l-cedar | 2007-09-29 08:21 | 感想文